~ブリヂストン タイヤセーフティーレポート~スタッドレスタイヤの「プラットホーム」って何?「プラットホーム」を知らない人はなんと約8割~タイヤの安全に関する調査結果(雪国※1を除いた地域対象)~

PR TIMES / 2012年1月10日 14時29分



株式会社ブリヂストン(社長 荒川詔四)は2011年3月1日に創立80周年を迎えた
ことと、一般社団法人日本自動車タイヤ協会(JATMA)等が推進する「タイヤの日」
が4月8日であることを背景に、毎月8日を「ブリヂストン タイヤセーフティー
の日」と設定し、2011年3月から2012年2月までの1年間、毎月タイヤの安全に関
わる情報を発信します。

今回、雪国を除いた地域に在住し、クルマを月に一回以上かつ雪道を年一回以上運転する男女1,000人※2に対して行った調査※3によると、ドライバーの約8割がスタッドレスタイヤについている「プラットホーム」を知らないことが分かりました。
また、「プラットホーム」を知っているドライバーの約7割が、スタッドレスタイヤの使用限界溝深さを知らないことがわかりました。

「プラットホーム」は冬用タイヤとしての使用限度を示すサインで、新品タイヤが50%摩耗したことを示す段差です。「プラットホーム」が露出した場合、冬用タイヤとして使用することができなくなります。
「プラットホーム」が露出した状態で冬道を走行した場合、氷上でのブレーキ性能悪化や雪路・シャーベット路での走行でスリップの可能性が高まります。
 
この冬、愛車の足元を支えるスタッドレスタイヤは、使い始めてから何シーズン目でしょうか?
2シーズン目、3シーズン目を迎えているスタッドレスタイヤは、今シーズン途中にも「プラットホーム」が露出するかもしれません。スタッドレスタイヤも、ドライバーや同乗者の安心、安全確保のために、シーズン途中の定期点検が重要です。月に1度のタイヤ点検を忘れずに!


※1 雪国とは北海道・東北6県・北陸4県・長野/鳥取/島根県です。
※2 「スタッドレスタイヤ」を知っている方々
※3 ブリヂストンによる調査。雪国を除いた地域在住の18~69歳のドライバー1,000名(男女各N= 500)を対象に
  インターネット調査を実施。調査期間は2011年10月14日(金)~10月16日(日)
※4 夏用タイヤとして継続使用する場合、タイヤの溝深さの使用限度はスリップサインが露出する残り溝1.6mmです。


毎月8日「ブリヂストン タイヤセーフティーの日」にはタイヤ点検を行う習慣を身につけましょう。詳しいタイヤ点検の方法や、タイヤの安全についてはこちらまで。
ブリヂストンタイヤセーフティー:http://www.bridgestone.co.jp/csr/tiresafety/index.html
スタッドレスタイヤの点検方法:http://www.bridgestone.co.jp/sc/blizzak/swd/check.html

以上


本件に関するお問い合わせ先
<報道関係> 広報第2課 TEL:03-3563-6811
<お客様> お客様相談室 TEL:0120-39-2936




企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング