ネットショップ向けクラウドパッケージと連携したショッピングポータルサイト『アイバザール』を開設

PR TIMES / 2012年1月13日 16時22分



 アイフラッグ・グループ(株式会社アイフラッグ(本社:東京都港区、代表取締役社長:高梨 宏史)及び連結子会社である株式会社くるねっと)は、本日、アイフラッグ・グループが提供するネットショップ向けクラウドパッケージ(以下「クラウドパッケージ」という。)と連携したショッピングポータルサイト「アイバザール(ibazaar)」を開設いたしました。
 「アイバザール」は、独自ドメインのネットショップ(以下「ネットショップ」という。)が扱うさまざまな商品を、ユーザーにとって見やすく、探しやすく掲載するショッピングポータルサイトです。「アイバザール」の掲載商品は、1クリックだけでネットショップの商品ページへと繋がるため、ユーザーはストレスなく“欲しいと思っている”商品を購入することができます。ユーザーをネットショップにスムーズに誘導できる仕組みとなっているため、「アイバザール」に商品を掲載することにより、ネットショップは集客力アップを期待することができます。
 クラウドパッケージをご利用のお客様は、「アイバザール」に商品を無料で簡単に掲載できます。


【アイバザール(ibazaar)について】

 「アイバザール」は、アイフラッグ・グループが運営するショッピングポータルサイト(http://www.ibazaar.jp/)の名称です。「アイバザール」には、ファッション、インテリア、家電、生活用品など、ネットショップが扱うさまざまな商品が、カテゴリーごとに見やすく、探しやすく掲載されています。また、ユーザーが商品画面をクリックすると、ネットショップの商品情報ページへ直接繋がるようになっているため、ユーザーはストレスなく“欲しいと思っている”商品を購入することができます。「アイバザール」に商品を掲載すると、購買意欲のあるユーザーをネットショップに自然と誘導できるようになるため、ネットショップは集客効果を期待することができます。
 アイフラッグ・グループは、「アイバザール」への掲載ショップ数及び掲載商品数を増加させることにより、サイトの魅力を高め、サイト利用者数を増やすことで、ユーザーとネットショップの高いニーズに応えるショッピングポータルサイトとして運営を行ってまいります。


【クラウドパッケージと外部サイトとの連携について】

 クラウドパッケージは、ネットショップの商品データを、複数の外部のサイトへ簡単に提供する機能を標準装備しているため、連携している外部のサイトに簡単に出品を行うことができます。
 通常、外部のサイトに出品を行う場合は、ネットショップと外部のサイトの商品カテゴリーが異なるため、外部のサイトに新しい商品を出品するたびに、商品カテゴリーの種類を選択する手間が掛かります。そのため、もし複数の外部のサイトに商品を出品するとなった場合は、その何倍もの手間が掛かることになりますが、クラウドパッケージのネットショップ運営者は、ネットショップの商品登録時に最適なカテゴリーを登録すると、「アイバザール」だけでなく、クラウドパッケージの商品掲載サービスである、「Googleショッピング」や「Yahoo!ショッピング」においても、すでに登録したネットショップの商品カテゴリーの情報が高い精度で自動登録されるため、負担を掛けることなく、商品を紹介する機会を増やし、集客を高めることに繋げることができます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング