東芝グランドコンサート2014 公演開催のお知らせ

PR TIMES / 2013年8月26日 17時3分

第33回目開催となる国内屈指の伝統あるクラシックコンサート

株式会社フジテレビジョン(本社:東京港区)は、株式会社東芝の提供により毎年開催をしております、国内屈指の伝統あるクラシックコンサート「東芝グランドコンサート2014」の第33回目となる公演の出演者を決定いたしましたので、下記の通り、お知らせいたします。



2014年は、北欧を代表する作曲家エドヴァルド・グリーグらが設立したクリスチャニア音楽協会を起源に持つ、オスロ・フィルハーモニー管弦楽団と2013年シーズンより当楽団の首席指揮者に就任する新進気鋭のロシア人指揮者、ヴァシリー・ペトレンコを招聘し、豊かな自然に培われた豊麗な音色をお届けいたします。
オスロ・フィルハーモニー管弦楽団は、1993年の第12回の本コンサートシリーズに登場。当時の首席指揮者として、当楽団の躍進に貢献したマリス・ヤンソンス(現ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団首席指揮者)と共に来日公演を行い、その高い演奏力で好評を得ました。そして、1996年以来、実に18年振りの来日公演となります。
ヴァシリー・ペトレンコは、前回登場したヤニック・ネゼ=セガン、またハーディング、ドゥダメルらとともに今後のクラシック音楽界をリードする注目を集める新進気鋭の指揮者です。現在はロイヤル・リヴァプール・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者でもあり、欧米のオーケストラと数々の共演を果たし、成功を収めています。
また、ソリストには、アリス=紗良・オット(ピアノ)と諏訪内晶子(ヴァイオリン)を迎えます。いずれも日本のみならず欧米でも活躍する実力派アーティストで、これまでにも本コンサートシリーズ登場し、高い評価を得ています。
こうした実力派アーティストたちによる豊かで情熱的な演奏は、音楽愛好家だけでなく、生のクラシック演奏会に初めて足を運ぶ方にも存分に楽しめる内容となります。公演は、2014年3月12日(水)の東京公演を皮切りに行われ、全国8都市8公演を日本の音楽ファンに披露いたします。是非とも、この機会にお楽しみ下さい。

【催事名称】
東芝グランドコンサート2014 ヴァシリー・ペトレンコ指揮 オスロ・フィルハーモニー管弦楽団

【出演】
管弦楽:オスロ・フィルハーモニー管弦楽団
指揮:ヴァシリー・ペトレンコ
ソリスト:
アリス=紗良・オット(ピアノ)※3/12、13、14、15、22
諏訪内晶子(ヴァイオリン)※3/17、18、21

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング