【新製品】手のひらサイズの超広角デジタルムービーカメラ QBiC MS-1発売のお知らせ

PR TIMES / 2014年2月7日 16時34分

テクノホライゾングループ [JASDAQ 6629] の株式会社エルモ社(本社:名古屋市瑞穂区明前町6-14代表取締役社長:林 数馬)は、手のひらサイズの超広角デジタルムービーカメラQBiC MS-1(キュービック エム エス ワン)を2014年2月25日に発売いたします。



QBiC MS-1は、(縦)61.2×(横)54.4×(厚さ)40.1mm 重さ93gのボディに F 2.0 最大画角185°の超広角レンズを搭載。気軽にどこへでも持ち歩くことができ、これまでのコンパクトデジタルカメラやスマートフォンとは趣のことなる映像世界を楽しんでいただけるカメラです。


スマートフォンとWiFi接続して使うことにより、スマートフォンをQBiCのプレビューモニターとして撮影することや、離れたところにQBiCを置いてスマートフォンから遠隔操作して撮影することができるなど、多彩な使い方でユニークな映像を撮影いただけます。

“普段使い”の超広角デジタルムービーカメラとして、旅先での壮大な風景や何気ない子供のしぐさを広角にとらえることはもちろん、ゴルフのスイングチェックやピアノやドラム演奏、各種スポーツ、ツーリングやドライブ撮影などなど楽しみ方は無限大です。

業務用カメラ開発を通じて培ったエルモ社独自の光学技術と映像技術により、コンパクトボディに高性能を凝縮し、白を基調とする丸みを帯びたユニークなデザインを採用することで、女性にも親しみやすく、これまでにない超広角デジタルムービーカメラに仕上げました。

価格はオープン。実売想定価格は2万5千円前後。大型カメラ店やインターネットなどにてお買い求めいただけます。


【QBiC MS-1の特長】

■独自設計の高性能レンズと高音質ステレオマイクを搭載
人間の視野角に迫る185°の超広角レンズは3段階切り替え式(185°/165°/135°)で、歪み補正機能や手振れ補正機能を搭載。F2.0の高感度レンズは暗いところに強く、ワイドダイナミックレンジ対応により明暗差のある場所でもより美しく撮影できます。また、わずか2cmの距離まで被写体に迫って撮影することもできます。そして高感度ステレオマイクの搭載により、ワイドで美しい映像と共に広がり感のある音を記録することができます。


■小さくても高画質・ハイスピード
FULL HD 60fps の高画質録画からWVGA 240fpsのハイスピード録画まで、撮影目的に合わせて、解像度、録画速度を6段階に切り替えてお使いいただけます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング