ブリティッシュ・カウンシル、 日本にて、こども向け英語学習事業に本格参入

PR TIMES / 2012年8月28日 17時1分



報道関係者向けご参考資料
                      2012年8月28日
                      ブリティッシュ・カウンシル

----------------------------------
ブリティッシュ・カウンシル、
日本にて、こども向け英語学習事業に本格参入
----------------------------------

 英国の公的な国際文化交流機関であるブリティッシュ・カウンシル(所在地:東京都新宿区、駐日代表:ジェフ・ストリーター)は、日本において、未就学児を含む、こども向け英語学習事業に本格参入します。日本の若い世代に幼い頃から、世界中で活用されている英語学習手法に触れる環境を提供することで、グローバルな視野と国際舞台で活躍する人材の育成に貢献することを目指します。
 小学校での英語の必修化や、中学・高等学校における新学習指導要領で英語教育の充実が図られており、日本ではその準備などを兼ねた早期英語教育への関心が高まっています。2013年から施行される高等学校学習指導要領では、「授業は英語で行うことを基本とする」と記載されるなど、今後ますます国際化が進む中、さらにグローバルな視野を持った人材育成の需要が高まることが予測されます。
 ブリティッシュ・カウンシルは、世界中で、子どもから大人までの幅広い年齢層の英語学習者、教員向けに、様々な英語学習教材・機会を提供しています。世界で75年以上にわたる英語教育の実績と経験を活かし、日本のこどもが楽しく英語を学べる機会を提供します。具体的には、以下3つの事業を開始します。

1. 未就学児から小学校高学年の児童を対象としたこども英会話スクール開講

9月1日より、未就学児から小学校高学年の児童(4歳から12歳)を対象としたこども英会話スクールを、横浜にて開講します。ブリティッシュ・カウンシルの未就学児向けクラスの開講は日本では初めてとなります。
横浜インターナショナルスクール(神奈川県横浜市中区)との協力関係により、授業は1924年(大正13年)開校の同校の教室を使用します。国際的な環境の中で、ネイティブから英語が学べることが特長です。ブリティッシュ・カウンシルは、コミュニケーション能力の育成を中心とする「コミュニカティブ・アプローチ」を取り入れた授業を展開しています。児童が実際に使える英語を自然に見につけられるよう、歌や工作、絵本などを活用して授業を進めます。

2. こども向け無料英語学習サイトの日本語版開設

グローバルで展開している、無料の英語学習サイト「LearnEnglish」(ラーンイングリッシュ)のこども向けサイト「LearnEnglish Kids」(ラーンイングリッシュキッズ)の日本語版を開設し、より日本の英語学習者が学習しやすい環境を提供します。

3. こども向け英語学習携帯端末用アプリケーションの提供

モバイル端末用英語学習アプリケーション(以下、アプリ)の提供を開始します。第一弾として、英国の音声学プログラムである「フォニックス・プログラム」*をもとにしたiPad端末用アプリ「LearnEnglish Kids: Phonics Stories」 (ラーンイングリッシュキッズフォニックスストーリーズ)をApp Storeにてリリースします。
ブリティッシュ・カウンシルは今後も、ニーズにあったコンテンツ、革新的な手法などを取り入れ、日本の英語学習者へ、質が高く、効率的に学習できるような機会の提供に努めていきます。

ブリティッシュ・カウンシルについて
ブリティッシュ・カウンシルは、1934年に設立された英国の公的な国際文化交流機関です。世界100カ国以上で英国と諸外国の文化交流活動を推進しています。日本では55年以上の歴史を誇り、教育と文化を通じて、英国と日本を結ぶ架け橋になることを目指しています。ウェブサイト: www.britishcouncil.or.jp
※ 文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。


■ご参考資料 

こども英会話スクール

 日本で開講する対象年齢では、世界で53年に及ぶ教授経験を有しており、この実績を活かして各クラスの興味や能力に合わせたカリキュラムを構築していきます。
講師は、英語を教える国際資格と、平均10年以上の教授経験を持つ英語教育のエキスパートで、全員ネイティブスピーカーです。
 コミュニティ活動として、地元のこどもにネイティブの英語に触れてもらう機会として「KIZUNA絆」プロジェクトを四半期に一度を目安に実施します。教室となる横浜インターナショナルスクールの歴史同様、地元に根付く英会話スクールとして地域に愛されるスクールを目指します。
●開講日: 2012年9月1日
●教室所在地:横浜インターナショナルスクール(住所:神奈川県横浜市中区山手町258)
●対象年齢:4歳から12歳
●WEBサイト: http://www.britishcouncil.org/jp/japan-english-learn-course-kids.htm

こども向け無料英語学習サイト「LearnEnglish Kids」

 テーマおよびアクティビティが豊富で、60曲以上の歌、70本以上のストーリー、その他、多数のゲーム、ビデオ、工作、ワークシートなど600点以上の、楽しく学べるコンテンツが用意されています。ユーザ登録(無料)すると、さらに多くの機能が利用可能になります。
 サイトは大きく5つのエリアに分かれており、各エリア内でも項目ごとに分類されています。エリアと項目を見れば、希望にあった教材や情報を簡単に見つけられます。
-エリア1 games: 楽しいオンラインゲームが豊富に揃っています。
-エリア2 listen & watch: 英語の歌や物語を聞いたり、ビデオを見たりすることができます。
-エリア3 read & write: リーディングとライティングを学習できます。語いを増やす練習も用意されています。
-エリア4 make: 英語の説明を聞きながら、物語やモンスターなどを自分で作ることができます。ビデオ解説つきの工作コーナーもあります。
-エリア5 Speak & Spell: 英単語の発音やスペルを学びます。発音は、歌や物語、ゲームを通して楽しく学習できます。スペルのルールを発見し、正しく書くことができるか実際に試すこともできます。
●WEBサイト: http://learnenglishkids.britishcouncil.org/ja/
●対象年齢:6歳から12歳のこども、その保護者・教員

こども向けiPad端末用英語学習アプリ「LearnEnglish Kids: Phonics Stories」

 地球にやってきた宇宙人のサムとパムの、全8本の冒険ストーリーと共に、音声とスペルを学びます。ストーリー毎に学ぶ音声が設定されており、お話を見聞きしながら自然と身につきます。アプリは、英国のフォニックス・プログラム「Letters and Sounds」*をもとに開発されています。
●アプリ名称:LearnEnglish Kids: Phonics Stories
●対象年齢:主に4歳から6歳
●提供元: ブリティッシュ・カウンシル (British Council)
●提供開始日: 提供中
●価格: 無料(1本のストーリー含む)、追加ストーリー別途購入
(現在5本のストーリーを提供中、今後3本追加予定)
●対応端末: iPad 互換iOS 4.0 以降が必要
●カテゴリ: 教育
●アプリストア: http://itunes.apple.com/jp/app/id523047824?mt=8&ign-mpt=uo%3D4 
* Letters and Soundsについて
 2007年に英国の当時の教育・職業技能省(Department for Education and Skills) (現・教育省)が教師、教育実践者向けに発行した音声学(フォニックス)学習指針。
以上


企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング