≪ 7月限定キャンペーンを実施 ≫宿泊・レストランの売上金の一部を子宮頸がん疾患啓発活動に寄付 

PR TIMES / 2012年6月7日 16時0分

株式会社南西楽園リゾート(本社:東京都港区)が運営する、沖縄県宮古島市のシギラベイサイドスイート アラマンダでは、2012年7月1日(日)~7月31日(火)を、子宮頸がん啓発・予防のためのティール&ホワイトリボン運動を応援するキャンペーン月間とし、限定宿泊プランおよびレストランの対象メニューの売上金の一部を一般社団法人ティール&ホワイトリボンプロジェクト※に寄付いたします。

※子宮頸がんの予防・検診・治療に対する正しい知識を普及・啓発し、日本における子宮頸がん罹患者数、死亡者数を減らすとともに、子宮頸がんになっても、その人らしく生きていくことを支援する社会を実現するための活動を行っています。
(団体URL:http://www.sikyukeigan.net/index.html



限定宿泊プランでは、特典として「シギラベイサイドスイート
アラマンダ×ティール&ホワイトリボン」ピンバッジをプレゼ
ントするほか、スムージーやトロピカルドリンクなどを揃えた
客室のミニバーが無料でご利用いただけます。


さらに、ご到着の際にウェルカムアメニティもご用意しております。
レストランでは、宮古牛をはじめ、近海で採れた新鮮な魚介や
南国の太陽が育んだ島野菜など地元の食材をふんだんに使った
それぞれの定番人気ディナーコースが対象のメニューとなります。

例えば、高級琉球素材を活かし懐石料理をベースにアレンジした
和琉創作料理からは、『客をもてなすご馳走を入れる盆』という
意味をもつ小鉢7種を盛り付けた‘東道盆’の先附をはじめとする
9品の琉球宮古懐石‘ゆさらび’。


また、お客様の目の前でシェフが華麗な腕裁きで調理する鉄板焼
からは、‘ぷからす’という宮古島の言葉で「うれしい、楽しい」
の意味を持つ8品のコースで、幻の豚といわれる沖縄ブランド肉の
アグー豚のロース肉、バラ肉の鉄板焼きをゆず胡椒でシンプルに
味わえるほか、特選の黒毛和牛も味わえる、まさに‘ぷからす’な
内容のメニューです。


弊ホテルでは、すでに4月から「シギラベイサイドスイート アラ
マンダ×ティール&ホワイトリボン」ピンバッジの販売による売
上金の一部寄付や、ホテルスタッフのバッジ着用を通じた認知促
進を行っています。


これらに加え、弊ホテルの創業月であり、また一年のうちでも多
くのお客様をお迎えする7月にキャンペーンを設けることで、寄付
活動を拡充し、お客様にティール&ホワイトリボンプロジェクト
について知っていただくきっかけ作りに貢献してまいります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング