特別展「銀河鉄道の夜~オルゴールが誘(いざな)う幻想の世界~」7月7日(土)~9月2日(日)開催 初日にオープニング・イベントを行います

PR TIMES / 2012年6月15日 16時13分



阪神電気鉄道株式会社 (本社:大阪市 社長:藤原崇起) の子会社である阪神総合レジャー株式会社(本社:大阪市 社長:岡本交右)が、六甲山上で運営する「六甲オルゴールミュージアム」(博物館相当施設)では、7月7日(土)から夏の特別展を開催します。
詳細はこちら → http://bit.ly/NCEH31


■特別展「銀河鉄道の夜~オルゴールが誘(いざな)う幻想の世界~」
この特別展では、宮沢賢治の代表作「銀河鉄道の夜」の幻想的な世界を、アンティーク・オルゴールなどの自動演奏楽器の演奏で表現します。
コンサートでは展示室の照明を落とし、大きなスクリーンに、ますむらひろし原案のアニメ映画「銀河鉄道の夜」の画像を投影します。
アンティーク・オルゴールなどで奏でる音楽と、ますむらひろし原案の画像とを同時に鑑賞することで、宮沢賢治が作り上げたどこか不思議で懐かしい作品世界にたっぷりと浸ることができます。

【開催日時】2012年7月7日(土)~9月2日(日)※期間中は無休

【特別展コンサートの時間】
10:30/11:30/12:30/13:30/
14:30/15:30/16:30 (各回約15分間)
※毎時00分から別プログラムのコンサートも実施しています。
※入館料のみでコンサートをご覧いただけます。

【演奏曲目例】
宮沢賢治作曲「星めぐりの歌」(作中に登場する曲)
ドヴォルザーク作曲「新世界交響曲」第二楽章(宮沢賢治が愛したクラシック曲)
細野晴臣作曲アニメ映画「銀河鉄道の夜」サウンド・トラックより「北十字」他


<初日にトーク・イベントを開催>
特別展のオープニング・イベントとして、アニメ映画「銀河鉄道の夜」の原案者 ますむらひろし他、本展開催にあたり、現代曲をアンティーク・オルゴールで演奏するために携わった技術者、編曲者たちがそれぞれの「銀河鉄道の夜」について語ります。

【当日のスケジュール】 
15:30~15:45  特別展コンサート
16:15~16:45  「自動演奏楽器が“銀河鉄道の夜”を演奏するまで」
           出演:オルゴール編曲者、オルガン編曲者、技術者
17:00~18:00  「ますむらひろし“銀河鉄道の夜”を語る」出演:ますむらひろし


≪トーク・イベント詳細≫
(1)「自動演奏楽器が“銀河鉄道の夜”を演奏するまで」
オルゴールなどの自動演奏楽器は、楽器を演奏するために、演奏をプログラムしたソフトが必要です。
本展では、自動演奏楽器の演奏で「銀河鉄道の夜」の世界を表現するために、ディスク・オルゴールと自動演奏オルガンのオリジナル楽曲ソフトを新しく制作しました。
この様に、自動演奏楽器のソフトをつくるという活動は世界的にも珍しく、特に博物館の活動として行っているところは他に例がありません。当館では、ソフトの制作を重要な活動の一つと位置づけています。
※ソフトを制作することで、アンティークの自動演奏楽器で現代曲を演奏することも可能です。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング