DATADIRECT NETWORKS、世界最強のスーパーコンピューター、TITANに世界最速のストレージシステムを構築

PR TIMES / 2013年4月25日 9時34分

2013、SAN DIEGO、CALIF - 2013年4月16日 (米国時間)

ニュース

・オークリッジ国立研究所(ORNL)は、新型TITANスーパーコンピューターのストレージとして、DataDirect Networks(DDN)製のシステムを選択しました。世界最速のコンピューターの強化には、世界最速のストレージシステム構築が必須です。ORNLは、米国エネルギー省の管轄下、UT-Battelle(テネシー大学と Battelle Memorial Institute によって組織された団体)が運営する、マルチプログラムの国立研究機関です。Oak Ridge Leadership Computing Facility(OLCF)は、2004年、オークリッジ国立研究所により設立され、世界で最も重要な問題に取り組む科学者達のため、リーダーシップコンピューティングを提供するミッションが課せられました。

・TITANは、ピーク性能で、毎秒2京7000兆回以上の計算――27ペタフロップス――ができるよう設計されています。これは、前世代のORNLコンピューターより、10倍以上もパワフルなシステムです。

・エネルギーや国家安全保障、環境、経済、そして基本科学分野において、実験が不可能、危険、超ハイコストといった、増え続ける諸問題に対し、この新システムは即時かつ革命的に結果を出し始めました。

・Spider IIのバックボーンにはDDNのSFA12K-40ストレージシステムが使われています。この新しいファイルストレージシステムは、物理容量40ペタバイトで構築されており、前例のない速度で、研究データを取り込み、保存、処理、配信することができます。このストレージ容量は、データを書籍での文字数に換算すると、その積み重ねられた本の高さは36万Km以上、別の表現をすれば、地表から月までの距離に等しい大容量を誇ります。ORNLは、TITANのコンピューターとしての能力を劇的に強化し、以前と比べてはるかに正確な予想モデルの提供が可能となりました。

・世界をリードするスーパーコンピューター用ストレージのデファクト・スタンダードとして、DDNは、エクストリーム・スケール・コンピューティングのために1億ドルを投資し、またエクサスケールへの道を開くため、DOE(米国エネルギー省)のFastForwardのプログラムに貢献し、ラップトップからペタフロップへと科学技術のフロンティアを拡げ続けています。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング