ダッソー・システムズ、新しいソフトウェアリリースを発表、複数バージョン間の相互運用性を拡大

PR TIMES / 2013年3月28日 17時54分

新リリースV5-6R2013は多くの新機能を搭載、データ互換を簡素化し、お客様のエコシステム拡大にも対応

3Dエクスペリエンス企業であり、3D設計ソフトウェア、3Dデジタル・モックアップ、そしてプロダクト・ライフサイクル・マネジメント(PLM)ソリューションにおける世界的リーダーであるダッソー・システムズ(Euronext Paris: #13065, DSY.PA)は本日、同社のバージョン5 PLMアプリケーション群の最新リリースの一般提供を開始したことを発表しました。



V5-6R2013リリースは、近年買収したSimulayt社のテクノロジーをベースとする新しい複合材料のファイバー・モデリング技術の追加や、より幅広いオープン性の確保と標準規格への対応、そしてハイエンドなサーフェス・モデリング機能の拡張を実現しています。新リリースはまた、昨年発表したV6からV5への画期的なマルチバージョン互換機能を強化し、V6とV5による社内外のコラボレーションを向上します。V5-6R2013は、V6R2013 および V6R2013xで搭載された、約40件の新しい3Dエクスペリエンス・テクノロジーを採用しています。

ダッソー・システムズのプロダクト、R&D担当シニア・エグゼクティブ・バイス・プレジデントであるドミニク・フローラック(Dominique Florack)は次のように述べています。「本日発表した機能強化は、当社のV5インストールベースに、全く新しいレベルの機能を提供します。V5-6R2013には豊富なフィーチャーや機能、新しい製品群が搭載されていますが、我々は、さらにその先に着目しています。当社のお客様がいかに製品を開発し、その先にいる消費者のエクスペリエンスを創出し得るかといった点や、サプライヤーとの間でバージョンを問わず協業を展開する方法、そして新しいソフトウェアを長期的な視野に基づいてご採用いただくための手法を念頭においています。」

新リリースの主な特長は以下の通りです:

 ・ 新しい複合材料のファイバー・シミュレーション機能:プライ形状の最適化と精度の高い複合材製造を実現します。これらの機能は、近年買収したSimulayt社のテクノロジーをベースとしており、これまで特に航空宇宙、モータースポーツ、エネルギーのセクターで、複雑なサーフェスを解析する際に、頻繁に利用されてきました。当初V6R2013xで導入されたファイバーモデラーですが、このたび3Dエクスペリエンス・プラットフォームのV5-6R2013でもネイティブに利用できるようになりました。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング