【日本タレント名鑑】加速するアイドル声優ブーム!改めて声優人気の変遷を整理してみた!【女性声優編】

PR TIMES / 2014年11月26日 12時51分

「日本タレント名鑑」を発行するVIPタイムズ社が、40年以上タレント情報を取り扱ってきた強みや知見を活かし、芸能界を様々な切り口で分析するコンテンツ「タレメreport」。今回は2本立てで「加速するアイドル声優ブーム!改めて声優人気の変遷を整理してみた!」の【男性声優編】と【女性声優編】を公開しました。



1970年の創刊以来、各メディアの制作現場にて愛用されている『日本タレント名鑑』を発行する株式会社VIPタイムズ社(本社:東京都渋谷区 代表取締役:井草睦子)が、新しいコンテンツとしてスタートした「タレメreport」の第五弾として「加速するアイドル声優ブーム!改めて声優人気の変遷を整理してみた!」を『日本タレント名鑑webサイト』( http://www.vip-times.co.jp/ )で公開しました。

***********************************************************

加速するアイドル声優ブーム!改めて声優人気の変遷を整理してみた!【女性声優編】

■2000年代以前のアイドル声優事情

2000年代に入り、急速にアイドル化が進んだ女性声優業界。テレビの登場以降、外画の吹き替えやアニメのアフレコで裏方として業界を支えてきた声優たちであったが、80年代に入るとオタクと呼ばれるコアなアニメファンが登場し、本来は裏方であったはずの声優にも注目が集まるようになる。

アイドルから声優に転向し、アニメ『タッチ』の浅倉南役で一躍スターとなった日高のり子や、アニメ系イベントでのコスプレで素人時代からアイドル的な人気を博していた川村万梨阿など、アイドルとしての素養を持つ女性声優が台頭する中、アニメ雑誌などにアフレコ現場の写真などが掲載されることも増え、女性声優のルックスも注目されるようになる。

1994年には、女性声優のアイドル化を受けて声優専門誌の『声優グランプリ』と『ボイスアニメージュ』が創刊。それぞれの表紙を、当時人気を二分した椎名へきると國府田マリ子が彩り、演技やトーク、歌だけでなく、雑誌グラビアを中心としたアイドル活動をおこなう、現在のアイドル声優ブームのフォーマットが完成する。

アイドル声優ブームが盛り上がる中、林原めぐみは歌手として、「Give a reason」で声優のソロ曲として史上初のオリコン週間ランキングトップ10(第9位)にランクイン。「集結の園へ」はレコチョクにて声優本人のソロ曲として初となる着うたフル25万ダウンロードと数多くの記録を樹立し、声優ブームが世間一般に認知されるきっかけを作った。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング