あわえ、過疎地へのサテライトオフィス誘致・若者移住促進事業を開始

PR TIMES / 2014年5月2日 14時14分

~地域ポータルサイトや就業・移住体験施設を開設~

地域活性に係る各種プロデュース事業を展開する株式会社あわえは、徳島県美波町へのサテライトオフィス誘致および若者移住に向けた促進事業を2014年5月から開始いたします。



地域活性に係る各種プロデュース事業を展開する株式会社あわえ(本社:徳島県海部郡美波町、代表:吉田基晴、以下あわえ)は、徳島県美波町へのサテライトオフィス誘致および若者移住に向けた促進事業を2014年5月から開始いたします。


【背景・経緯】
美波町は1970年代以降人口減少(1970年 / 12,975名、2014年4月時点 / 7,532名)及び高齢化(2013年 / 41.1%、全国平均 / 23.1%)が加速している地域です。その結果地域経済・産業が縮小したり、地域活動(町内活動)や伝統行事(祭り)などの維持継承が厳しくなったりするなど、さまざまな地域課題が顕在化してきています。
(※1970年人口および全国平均は国勢調査、2014年4月時点人口と美波町高齢率は美波町調べ)

そこで2011年から徳島県および美波町では、
・海・山・川が一箇所に凝縮された自然豊かな土地であること
・ 四国遍路霊場である薬王寺が鎮座し、古くから町外からの来訪者を温かく迎える“おもてなし”文化が根付いていること
・全国第1位のITインフラ網(徳島県CATV敷設率88.9%※総務省四国総合通信局 / 2013年3月時点)
など美波町の魅力を打ち出して県外企業のサテライトオフィスの誘致を進めた結果、現在美波町へ6社が進出、のべ20名(※)が在籍するとともに、各社関係者や視察団体など多くの交流人口をもたらすに至りました。
(※2014年4月時点 / 移住者のほか、近隣地域からの就業者や二拠点就業者なども含む)

そこであわえでは、
・美波町サテライトオフィス進出第1号であるサイファー・テック株式会社の代表取締役を兼務する吉田基晴の実体験
・ サイファー・テックのサテライトオフィス開設やあわえの設立に伴い他県から移住してきた社員の実体験
など、実際にサテライトオフィス開設や移住を経験して得られた知見を活用することで、サテライトオフィス誘致および若者移住をさらに加速させるべく、このたび徳島県および美波町と連携しながらあわえが同取り組みを推進することになりました。

【具体的な施策】
潜在層・見込み層に対して、意識変容を促しながら意思決定・実行に向けて、段階に応じた各種施策を展開してまいります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング