腰痛も“予防”できる! サプリメントの継続摂取で、腰痛の諸症状の緩和を確認 第68回日本体力医学会大会(於:東京)で発表

PR TIMES / 2013年9月27日 18時18分



株式会社ファンケル(本社:横浜市中区、代表取締役社長執行役員:宮島和美)は、お客様お一人おひとりが、年齢を気にすることなく、心身ともにすこやかに生きていく=Good Agingをかなえるための様々な研究を行っております。その一環として、普段から腰痛を自覚する方を対象に、プロテオグリカン*1、テアニン*2、ヒハツエキス*3、クレアチン*4、α-リポ酸*5、葉酸、ビタミンB6、ビタミンB12を含むサプリメントを摂取した場合の、腰痛の諸症状への影響について検証をいたいしました。
この結果、サプリメントの摂取によって、腰痛の症状が有意に改善することを確認しました。また、腰痛を悪化させる、「腰のコリ」、「腰のハリ」、「腰の冷え」、「腰の重さ」についても、サプリメントの摂取によってその症状が有意に軽減していることが確認されました。なお、この研究成果は、2013年9月21日~23日に行われた「第68回日本体力医学会大会」において発表しております。
以下に研究の概要および結果をお知らせいたします。

------------------
研究の概要
------------------
【研究の経緯・目的】
慢性腰痛は、有訴率の高い症状にも関わらず、根本から治療できる薬は存在しないため、運動や食事など生活習慣の改善による予防が重要とされています。しかし、現代社会において、このような生活習慣の改善は必ずしも容易ではないため、腰痛の症状そのものではなく、根本原因に着目した成分を複合的に配合したサプリメントを8週間毎日摂取することで、腰痛の諸症状が緩和できるか検証を行いました。

【研究の方法】
普段から腰痛を自覚する成人男女79名(24~72歳)を対象に、プロテオグリカン、テアニン、ヒハツエキス、クレアチン、α-リポ酸、葉酸、ビタミンB6、ビタミンB12を含むサプリメントを8週間連続で摂取するグループ(以下サプリメント群)と、プラセボ(偽薬)を摂取するグループ(以下プラセボ群)の2つのグループに分け、 試験開始前、4週間後、8週間後の3回にわたり調査を行いました。調査は、直感的かつ感覚的に腰痛を評価する「視覚的評価スケール(Visual Analogue Scale、以下VAS)*6」と、主観的に腰痛を評価する、「疾患特異的・患者立脚型慢性腰痛症患者機能評価尺度(Japan Low Back Pain Evaluation Questionnaire、以下JLEQ)*7」のアンケートに回答していただき、腰痛の諸症状の改善傾向について検証を行いました。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング