「大卒30代女子」が最多。女性の約半数が四大卒という結果に。

PR TIMES / 2013年9月17日 15時4分

~IBJ日本全国の「結婚相談所利用者の傾向」調査~



婚活会員数20万人を誇る、日本No.1の総合婚活サービス企業の株式会社IBJ(本社:東京都新宿区西新宿 代表:石坂 茂、以下、IBJ)は、日本最大級、全国規模の結婚相談所ネットワーク会員49,000名に対し、結婚相談所利用者の傾向を調査しました。

<調査概要>
・ 調査日:2013年8月12日(月)
・ 調査方法:上記調査日の時点で、IBJ運営の「日本結婚相談所連盟」に加盟している会員データから、年齢、学歴、年収の区分を調査した。
・ 調査対象人数49,000名

■「大卒30代女子」が最多。女性の約半数が四大卒という結果に。
・女性会員の45.54%が四大卒。(図1-3)
・女性会員数は30代後半でピークを迎え、40代後半には約4分の1の8%台に減少。(図2-2)
・男性会員数は40代前半~40代後半にかけて減少するも、16%台をキープ。(図2-1)
・男性が「年収300万円~700万円」にかけて人数が分散しているのと比較して、女性は58.12%が年収「300万円未満」に集中し、以降人数が急減するのが特徴。(図3-1、図3-2)
・男性の年収区分、首都圏は400万円~500万円から微減。東海・近畿エリアは急に減少。(図3-3、図3-4)


【結婚相談所に駆け込む、仕事と恋の駆け引きに疲れた“キャリア女性”】
~IBJ総合婚活プロデューサー 北野貴子のコメント~
女性の社会進出の機会が増えた昨今では、大学を卒業した後、就職先で男性に負けないくらいキャリアを積んで、自分の結婚よりも仕事を優先してきた女性も多く、「気がつけば独身のまま30代半ばになっていた。」というお話をよく伺います。

そういったキャリア女性は、結婚だけが将来の目的ではないという事は分かっていても、寂しさや一人でいることへの将来の不安にふと覚めますが、若い時の恋愛とは違って簡単にはいかないことを認識し、できるだけ効率的で効果的な婚活スタイルを求めた結果、交際からプロポーズまでの恋の駆け引きが不要かつ、時短で自分の条件に合った男性を探すことができる結婚相談所を選ぶようです。


IBJでは、今後も、自社が保有する日本有数の婚活希望会員のデータを元にし、このような婚活の現状を分析、共有することで、日本の婚活のさらなる活性化に貢献していきます。


【運営会社 株式会社IBJ】
2000年創業。日本で初めてインターネット婚活情報サービス「ブライダルネット」をリリースした後、お見合いパーティー事業や対面型結婚相談所、婚活・ マリッジ事業を開始。現在、婚活会員数20万人を誇る日本No.1(*)の総合婚活サービス企業へと成長。2012年、ジャスダック上場。
現在は、婚活を中心事業としながら、ライフデザインをテーマに、美容や不動産のポータルサイト運営を複合展開。「ご縁がある皆様を幸せにする」という経営理念のもと、お客様の人生を豊かにする様々なサービスを展開しています。
(*日本の婚活サービス専業としての保有会員数)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング