WWF(世界自然保護基金)と提携したグローバル イニシアチブを発表

PR TIMES / 2014年8月27日 16時0分

~ 海洋環境保全に貢献する水産資源の調達をハイアット全体で拡充 ~

ハイアット ホテルズ コーポレーション(本社:米国イリノイ州シカゴ、社長兼最高経営責任者:マーク ホプラメジアン)は、WWF(世界自然保護基金)とパートナーシップを組み、海洋環境保全に配慮し、将来にわたり水産物の供給が確保されることを目的とした、“責任ある資源管理に基づいた水産物の調達”を、ハイアットグループ全体で拡充するグローバル イニシアチブを発表いたしました。



まずは2018年までに、ハイアットで取り扱うシーフードの50%以上を、責任ある資源管理に基づいた調達で賄うことを目指します。 また、購入するシーフードの15%以上を、MSC(海洋管理協議会)やASC(水産養殖管理協議会)が認定する漁業者や養殖業者から優先的に購入する取り組みも展開してまいります。

この活動は、世界各地で自然保全活動を行っているWWFとのパートナーシップを通じて、長期的な資源管理、持続可能な水産資源の調達を推進する企業戦略の第一段階であり、ハイアットが従来から実践してきた環境に対する管理責任を更に拡充するものです。 WWFとの協同活動では、資源量の枯渇が懸念される水産物の購入を廃止していくことで、その資源の再生を促進していくことも重視しています。

ハイアット ホテルズ コーポレーションの社長兼最高経営責任者であるマーク ホプラメジアンは、「資源の持続可能な調達を実践し、地球と私たち社会の環境を改善していくことを最重要課題のひとつととらえています。 今回、2018年までに私たちハイアットで取り扱う水産物の50%以上を責任ある調達活動で賄うという取り組みが、ホスピタリティ業界全体の新しい指針となればと考えています。 ハイアットが事業を展開する多くの地域において、漁業が重要な生計の資であるだけでなく、世界中の人々にとって魚介類は大切な蛋白質資源です。こうしたことにおいても、世界の海洋生態系と水産資源を守ることは、大変重要なのです。 私たちハイアットが、人々の生活に新しい発見や刺激を提供していくという理念を実践し、また何事にも配慮を欠かさずに取り組んで行く中で、ハイアットのこうした地球規模の目標や業界全体の指針となるようなイニシアチブは、お客様、オーナー、そしてスタッフにとって責任ある行動を取るという、ハイアットの真摯な姿勢の表れと言えます。」と、述べています。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング