アメリカで絶大な人気を誇るドリフトシリーズ Team NITTO、フォーミュラDに参戦

PR TIMES / 2014年3月27日 14時16分



 

東洋ゴム工業株式会社の米国タイヤ販売子会社Nitto Tire U.S.A. Inc.(社長:Keiko Brockel)は、4月4日(金)に開幕する、2014年度米国ドリフトシリーズ「Formula DRIFT(フォーミュラ・ドリフト、以下フォーミュラD)」に、「Team NITTO」として参戦します。第1戦は4月4日(金)にカリフォルニア州のロングビーチで開催され、その後6戦が全米各地で行われる予定です。
 
 2004年に米国で誕生したフォーミュラDは、市販車をベースにチューニングしたマシンで競うドリフト競技です。日本発祥のドリフト競技「D1グランプリ」をルーツとしながら、米国ならではの独自のコース設定(各地オーバルトラック※1や市街地での開催)が特長的で、コアなファンはもちろん一般的なモータースポーツファンまで幅広い層に人気があります。

 また、米国以外に「Formula DRIFT ASIA」としてアジアで拡大展開されるなど、熱狂の拡散が始まっています。さらに本年は、日本でのフォーミュラD・エキシビジョンマッチ開催が実現しますので、国内でもその迫力に触れる機会が生まれます(7月:富士スピードウェイ、12月:岡山国際サーキット)。
 2014年度シリーズ戦では、Vaughn Gittin Jr.選手、Chelsea DeNofa選手、Matt Field選手、Odi Bakchis選手の4選手をTeam NITTOがサポートし、シリーズ・チャンピオンに挑戦します。全選手のマシンには「NITTO NT05」が装着される予定です。

※1 楕円に近いトラックで、ストレートと傾斜角(バンク)がついたコーナーで構成される。

■Vaughn Gittin Jr.(ヴァン・ギットン・ジュニア)選手
車両:Ford Mustang
チームを率いるエースドライバー。今年11年目を迎えるフォーミュラD史上最も活躍した選手として、昨年“Ace Driver of Decade”を受賞するなど、今まさに注目の選手。2010年度シリーズ・チャンピオン、2013年度は総合5位。今シーズンは、シリーズ・チャンピオンを狙います。


■Chelsea DeNofa(チェルシー・ディノファ)選手
車両:BMW E46
BMW E46をニューモデルにチェンジし、1000馬力にチューンアップ。Team NITTOでの参戦は3年目、2013年度は総合13位。得意とするアグレッシブな走りでファンを魅了します。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング