興行チケット二次流通サービス「チケットストリート」 eBay子会社StubHubとの共同による海外興行チケット入手サービスを12月10日より開始

PR TIMES / 2014年12月9日 13時19分

- 海外のライブ・エンタテインメントチケット入手をWebで実現 -

興行チケットの二次流通サービス「チケットストリート」を運営するチケットストリート株式会社(以下、チケットス
トリート、東京都品川区:代表取締役 山本 翔 http://ticket.st/)は、この度、2014年12月10日より、eBay
(イーベイ、本社:米国)の子会社である StubHub (スタブハブ、本社:米国)との業務提携のもと、共同で新たな
グローバル二次流通サービス「チケットストリート・海外チケット Powered by StubHub!」(URL http://stubhub.ticket.st/)(以下、本サービス)を開始いたします。




1.本サービス開始の背景と内容
 イーベイのグループ企業であるスタブハブは、米国のチケット二次流通市場におけるトップ企業であり、サン
フランシスコ/ジャイアンツをはじめとするMLB主要球団、ロンドンO2アリーナなどを保有するAEG
(アンシュッツ・エンタテインメント・グループ)などの主催者公認による興行チケット二次流通を展開する
など、本業界におけるリーディングカンパニーです。
 チケットストリートは、日本における興行チケット二次流通を普及させるために2011年に設立。今年2月には
日本バスケットボールリーグ(NBL)と提携し、日本初の「主催者公認」によるチケット二次流通を実施する
など、この分野での実績を積み重ねてまいりました。
 日本は米国に次ぐ世界第二のライブ・エンターテイメント市場ですが、これまで個人間を中心とする興行チケッ
トの売買(二次流通)は、これまでの商習慣や業界構造の影響を受け、ほとんど普及していませんでした。一方
で、海外では興行チケットの二次流通が社会的に定着、米国における流通総額は年間6000億円(※)に達しています。
 本サービス開始により、欧米を中心とした海外のライブ・エンタテインメントをもっと身近なものにしてまいります。

※米TickPick社の調査による(2011年)1米ドル=120円として計算。
http://seekingalpha.com/article/1741732-can-secondary-ticket-sales-fuel-live-nations-growth?page=2

2.「チケットストリート・海外チケット Powered by StubHub! 」のサービス内容
「チケットストリート・海外チケット Powered by StubHub! 」では、スタブハブが運営するチケット二次流通
サイト「StubHub!(http://www.stubhub.com/ 及び http://www.stubhub.co.uk/)」上で取り扱う、北米およ
びヨーロッパで出品登録される電子チケット(常時50000公演、10万枚以上)を、スポーツ、コンサート、劇場
などメジャーなカテゴリ別に紹介、会場の日本語検索対応により検索・閲覧をしやすくします。また、日本国内発行のクレジットカードによる日本円決済が可能なシステムを提供。合わせて、当社カスタマーサポートスタッフに
よる購買時のサポートを提供することによって、海外公演のチケット購入をこれまでより安心に、身近なものにします。
 販売価格は本国スタブハブでの販売価格と同一 (PayPalレートによる日本円での価格) となります。本サー
ビスによって、従来日本から海外の興行チケットを購入する際の障壁となっていた要素を取り除き、日本国内の
お客さまにお手頃な価格(StubHub内と同価格)で、安心なサービスを提供してまいります。
 本サービスにおいては、StubHubが全ての商品情報を提供し、また本サービス及び運営・サポートはチケット
ストリートが行います。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング