節約アドバイザー・丸山晴美氏が指南! 年末年始のために「月1万円」を抑える‟IT活用”節約術セミナー ~初開催レポート~

PR TIMES / 2014年12月1日 17時37分

 関東のスーパーマーケットやドラッグストアの折込チラシ情報がスマートフォンでチェックできる株式会社ディー・エヌ・エーのチラシ特売情報アプリ「チラシル」は、主婦が参加する「年末年始のための月1万円を抑える“IT活用”節約術セミナー」を2014年11月26日(水)に実施しました。



 本イベントは、1年の中で最も支出が増える年末年始(※1)を前に、節約アドバイザーとして活躍する丸山晴美氏を講師に招き、現在の社会背景と主婦が抱える家計環境を踏まえて、主婦が考える理想の食費と現実の食費の差「月1万円」(※2)を抑えるためのIT(アプリほか)を活用した節約術を紹介したセミナーです。
 
 ※1 1年のうち最も支出が多くなる月は7割の人が「12月」と回答。
 ※2 主婦における1ヵ月間の 「現実の食費」は3.5万円~5万円、「理想の食費」が2.5万円~4万円となり、
    現実と理想の間で約1万円の差があることが判明。
 ※1,2ともに、30歳~49歳の既婚女性500名を対象とした「家計と食費の節約に関する調査」より引用。(2014年10月株式会社ディー・エヌ・エー調べ)

- セミナー内容 -

プログラム1.【主婦の抱える家計環境の現状とは】
 節約アドバイザー・丸山晴美氏より、増税や消費者物価指数16ヵ月上昇中(2014年9月時点)という社会的背景から、主婦の抱える家計環境の現状について説明がありました。2014年10月に「チラシル」が実施した「家計と食費の節約に関する調査」より、12月と1月の年末年始が最も支出が多い傾向で、一番の節約対象である食費では、理想と現実の間に月間で「約1万円」の差があることが紹介されました。また、スマートフォンの普及とともに、うまくアプリを活用しながら節約している主婦も増えているようです。参加者の主婦の皆さんにとっては身近な話ということもあり、頷きながら真剣に話を聞いている姿が見受けられました。


プログラム2.【今覚えておきたいIT活用節約術とは】
■基礎編
 自身の現状を把握・整理するため、頭の中にあるやりたいことや、やるべきことを思いつく限り紙に書き出す「夢計画リスト」の作成・節約成功のポイント・レシートに○、△、×チェックをすることでムダの見える化、といった基礎的な節約術や家計管理術が紹介されました。

■IT活用編
 食費を節約できるポイントとして、「買い物」、「食材管理」の2テーマに分けての節約術が紹介されました。まず「買い物」編では、お店をまたいだ商品・検索ができる電子チラシアプリ「チラシル」を活用した食費節約術を紹介。実践事例では、「チラシル」を使用してスーパーのはしごをして食材購入した場合と、「チラシル」を使用せず、スーパーAで全ての食材を購入する場合を比較したところ1食当たり、342円の節約。仮に、毎日(30日間)買い物をして、1回の買い物で3食分を賄うとすると、1ヶ月当たり【10,260円】の節約が可能というシミュレーション結果に対して、主婦の方から驚きの声が聞こえました。次に「食材管理」編として、賞味期限切れや買い過ぎによる無駄な出費を省くための「冷蔵庫の中身管理アプリ」についても紹介されました。

PR TIMES

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング