8月26日(水)開催「公衆衛生×光技術~銅の抗菌作用とレーザー加工」WEBセミナー

PR TIMES / 2020年8月6日 10時45分

銅の抗菌作用,構造材料の微生物腐食機構,青色レーザーによる銅加工に迫る!

株式会社オプトロニクス社(東京都新宿区 代表取締役社長:大沢 哲夫)では,2020年8月26日(水),WEBセミナー「公衆衛生×光技術-銅の抗菌作用,構造材料の微生物腐食機構,青色レーザーによる銅加工」を開催します。抗菌・抗ウィルスといった銅の特徴や構造材料の微生物腐食機構,そして銅のレーザー加工について最先端の知見と技術を紹介します。



[画像: https://prtimes.jp/i/24591/8/resize/d24591-8-904557-0.jpg ]

新型コロナウイルスが猛威を振るう中,銅の持つ抗菌作用やウィルスの不活化作用が再認識されつつあります。不特定多数が毎日触れるドアノブや手すり,また滅菌が求められる医療機器や衛生機器などへの利用が期待されていますが,こうした製品をバルクから削り出す従来の手法は銅の使用量が多く,高コストになるという問題がありました。

しかし近年,レーザー加工において,銅に対して優れた吸収を示す「青色レーザー」の実用化と高出力化が急速に進み,それまで難しかった「複雑な形状や必要な部分の表面だけに銅をコーティングする技術」により,少量の銅で大面積に成膜をすることが可能となりつつあります。

今回のセミナーでは銅の抗菌作用について解説するとともに,その耐性の観点から構造材料の微生物腐食のメカニズムとその抑止技術,さらに青色レーザーによる銅加工への展開について,それぞれにおける第一人者に講演してもらいます。

ニューノーマル時代のモノづくりに対応する「銅によるコーティング加工技術」にご注目ください。

■会期:2020年8月26日(水)13:00~17:00(聴講者入室:12:45~)

■形態:Zoomを用いたWEBセミナー

■参加費:26,400円(税込)
★同一企業から複数名でお申込みいただいた場合,2人目以降の方の受講料を半額(税込13,200円)にいたします。お申込みの際,備考欄に受講される方の「お名前」と「ご所属先」,「メールアドレス」をご記入ください。

■配布資料:●講演資料 ●月刊OPTRONICS 2020年1月号『加工用青色・緑色レーザーとその応用への期待』PDF版

■申込URL: http://www.opt-seminar.jp/CuBlue/

■申込締切:8月24日(月)17:00まで

≪プログラム≫
◆13:00~13:50
『銅の抗菌作用と抗菌材料・製品の性能基準』
(一社)日本銅センター 技術開発部長 小澤 隆 氏
―質疑応答(13:50~14:00)

◆14:00~14:50
『構造材料の微生物腐食の実証解明と抑止技術への期待』
秋田大学 大学院理工学研究科 准教授 宮野 泰征 氏
―質疑応答(14:50~15:00)

〇休憩15:00~15:15

◆15:15~16:05
『細菌・ウイルスによるリスクを低減する公衆衛生環境実現化のための高輝度青色半導体レーザーを用いた銅コティング技術開発』
大阪大学 接合科学研究所 教授 塚本 雅裕 氏
―質疑応答(16:05~16:15)

◆16:15~ パネルディスカッション

【本セミナーに関するお問合せ先】
事務局:(株)オプトロニクス社 加納,三島
seminar@optronics.co.jp
〒162-0814 東京都新宿区新小川町5-5 sankenビル
TEL:03-3269-3550 FAX:03-3269-2551

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング