旅行情報の収集方法と宿泊予約の意思決定を年代別に徹底調査!令和世代の旅行は、Instagramが不可欠に?

PR TIMES / 2019年8月30日 9時40分

実名型旅メディア「Stayway(以下、ステイウェイ)」を運営する株式会社Stayway(代表取締役:佐藤淳)は、令和元年の年代別の旅行事情を徹底調査し、そのトレンドを紹介する特集ページ( https://media.stayway.jp/travel-survey2019)を公開しました。



新元号「令和」の時代を迎えた2019年、旅行業界の市場規模は引き続き右肩上がりで成長を続けています。
それとともに、ユーザーの旅行スタイル、旅行に求める体験は多種化し、観光プラン・宿泊施設を決める際に参考にする媒体もより多様になっています。


その中でも顕著な傾向が、InstagramをはじめとするSNSの台頭です。
今回のアンケートでも、20代の男女を中心に、SNSの投稿を旅行計画の参考にし、旅行先での体験をSNSでシェア・発信する、という人の割合が増加していることが明らかになりました。

【調査について】
目的:旅行に興味を持つStaywayのユーザーが、旅行プランをどのように情報収集し、宿泊予約の決定をしているか、その消費動向とSNSとの関連性を把握する。
期間:2019年7月1日(月)~7月26日(金)
方法:インターネット調査。Staywayのサイト上に及びSNS上にアンケートページを設置。
対象:Staywayユーザー。有効回答数117名
[画像1: https://prtimes.jp/i/28016/8/resize/d28016-8-435594-0.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/28016/8/resize/d28016-8-430281-4.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/28016/8/resize/d28016-8-935054-2.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/28016/8/resize/d28016-8-404876-5.jpg ]



【データの利用について】
・当調査結果の内容及び結果に関する著作権は、当社に帰属いたします。
・当調査結果を掲載する際は、必ず弊社(info@stayway.jp)までご連絡頂き、下記2点を明示くださいますようお願いいたします。
・クレジット
(例)実名型トラベルメディア「stayway.jp」調べ /stayway.jpが発表した2019年 年代別の旅行調査アンケートによると~
・URLへのリンク
https://media.stayway.jp/travel-survey2019
・当ランキングの第三者への有償提供及び無断での複写・複製・転載・要約・改変等を禁止いたします。
・当ランキングは情報の提供を目的としており、データの正確性・確実性・信頼性及び有効性等について、保証するものではありません。
・利用者は、自己の責任において当調査結果を利用するものとし、当社は、当ランキングの利用に関して一切の責任を負いません。


【Staywayについて】
◇サイト名:『Stayway(ステイウェイ)』
◇URL: https://stayway.jp/
「旅好きなあの人から旅行を探そう」をコンセプトとした、宿泊予約サイト
・日本及び世界中の宿泊予約サイトを比較可能
・世界100か国以上、20,000都市以上、400万物件以上の検索が可能
・国内・海外の大手予約サイトの最新情報をもとに、3ステップで最安値を検索

■『 Stayway(ステイウェイ)』運営会社
・名称:株式会社Stayway
・所在地:東京都渋谷区道玄坂 1-10
・設立:2017年7月
・事業内容:
1.旅行関連のインターネットビジネス
2.トラベルインフルエンサー事業
3.ドローン・動画を活用した地域PR事業
4.アンケート調査・PR業務
・代表者:代表取締役 佐藤淳
・会社概要: https://stayway.jp/company/
・Stayway media: https://media.stayway.jp/
・Instagram: https://www.instagram.com/stayway_girls/?hl=ja

※2019年8月21日現在の情報となります。詳細に変更が生じる場合がございます。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング