新しいVeeam Backup for Microsoft Office 365 Version 2を発表

PR TIMES / 2018年8月3日 12時1分

SharePoint OnlineおよびOneDrive for Businessのデータ保護とハイパー・アベイラビリティを実現

市場で高い評価を受けているVeeam Backup for Microsoft Office 365の最新バージョンでは、Office 365の運用を保護する新機能が50以上追加され、高速で効率的なデータ保護と復元を実現し、法的要件やコンプライアンス要件の遵守にも対応します。

スイス、バール 2018年7月24日: Hyper-Available Enterprise™ を実現するためのインテリジェントなデータ管理におけるリーダー企業Veeam(R) Software(本社:スイス、バール。以下、Veeam)(*1)は、新しいVeeam Backup for Microsoft Office 365(R)Version2(*2)を本日発表しました。最新バージョンでは、Microsoft OneDrivefor Business、SharePoint Online、Exchange OnlineおよびオンプレミスのSharePointとExchangeが保護できるようになりました。
(*1) https://www.veeam.com/jp
(*2) https://www.veeam.com/jp/backup-microsoft-office-365.html

Veeam Backup for Microsoft Office 365 Version 2は、Veeam製品の中でも特に飛躍的に売り上げを伸ばしたVeeam Backup for Microsoft Office Version1およびVersion1.5の後継製品となります。現在までに、4,100万以上のMicrosoft Office 365メールボックスを利用する35,000社以上により、Veeam Backup for Microsoft Office 365がダウンロードされています。2018年度上半期におけるダウンロード数は、2017年度下半期に対して151%増加しており、製品の受注は、前年同期比で135%に達しています。

新たに50以上の機能が強化されており、従来よりも設定、管理、メンテナンスが容易になりました。また、セットアップ、運用管理およびMicrosoft Office 365全体のデータ保護、可視性、コンプライアンスに対応します。あらゆる規模の企業において業務に不可欠なハイパー・アベイラビリティを実現します。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング