Mobvista通年決算報告: プログラマティック広告の成長拡大により、収益5億米ドルを突破し、EBITDAは5,160万米ドルを達成

PR TIMES / 2020年4月2日 13時24分

Mobvistaのプログラマティック広告事業「Mintegral」が全体収益の60%に貢献。米国、中南米、EMEA(ヨーロッパ、中東、アフリカ)地域の事業が成長し、収益はグループ全体の28%に到達







[画像1: https://prtimes.jp/i/34528/8/resize/d34528-8-708905-0.jpg ]

※ 本資料は、2020年3月31日(現地時間)に中国・広州で発表したプレスリリースの日本語版です。

世界を牽引するモバイルマーケティングのプラットフォームを提供するMobvista(証券コード:1860.HK)は、本日、2019年度の通年収益が初めて5億米ドルを超え、過去最高となる決算を発表しました。収益は前年度を15.1%上回る5億3万米ドル、調整後EBITDAは19.5%増の5,160万米ドルとなりました。

Mobvistaのプログラマティック広告による収益は前年度比40.8%増の3億2,000万米ドルで、引き続きMobvistaの主要な収入源となっています。これは2019年度の通年収益の64.0%にあたり、2018年度の52.3%を上回りました。

▼プログラマティック広告が収益成長を牽引
特に、Mobvistaのモバイルプログラマティック広告のプラットフォームである「Mintegral」は大きく成長し、全体の収益の64.0%に貢献しました。

この業績は、モバイル広告媒体を業界、地域、プラットフォーム別にランキングした最新のレポート「AppsFlyerパフォーマンスインデックス」(2019年下半期)でも報告されています。レポートでは、Mintegralは中国を拠点とするプラットフォームとして唯一全世界のトップ10に入り、グローバルパフォーマンスインデックス(Global Performance Index)で6位、グローバルグロースインデックス(Global Growth Index)で2位にランクインしました。

Mintegralは主要媒体のプラットフォームとの提携を拡大し、MintegralのSDKを実装したアプリの数を増やしました。Mintegralに接続するアプリ数は2万6,000以上にのぼり、1日に約5億人のアクティブユーザーにリーチしています。これは、Mintegralが顧客に対して高品質で最大級のインベントリへのアクセスを提供していることを物語っています。
[画像2: https://prtimes.jp/i/34528/8/resize/d34528-8-408971-1.jpg ]


▼ 米国、中南米、EMEAで収益が大きく成長
中国やアジア太平洋以外のマーケットの顧客からの収益は、成長し続けており、米国と南米からの収益は62.3%増の6,780万米ドルをあげ、これは全世界の収益の13.5%に相当します。EMEA(ヨーロッパ、中東及びアフリカ)地域での収益も成長し、86.9%増の7,270万米ドルとなりました。合計すると、米国、中南米、EMEA地域のマーケットは、全世界の収益の28%に相当します。

▼ ツールのエコシステム構築への研究開発を継続
Mobvistaは、プログラマティック広告技術やクラウド・コンピューティング・インフラ、ビッグデータ、AI(人工知能)に対して大幅な研究開発を実施しており、ブランドや広告主、世界のアプリ開発者に最良のツールによるエコシステムを提供しています。こうした技術によって、Mobivistaも効率の改善やサーバー費用の低減といった恩恵を受けました。研究開発費は20.5%増の3,520万米ドルで、これは全収益の7%に相当します。

Mobvistaの2019年度の決算では、モバイルゲームデータ分析のプラットフォームである「GameAnalytics」がマーケットシェアを拡大したことを明らかにしています。7万人の開発者がGameAnalyticsを利用しており、約10万のゲームを利用する月間12億以上のアクティブユーザーの行動を追跡しています。GameAnalyticsはこれまで通り無料の分析サービスを提供する一方、新たに「Benchmarks +」という有料のSaaSサービスを開始し、収益をあげています。

Mobvistaの共同創業者兼代表取締役である曹暁歓(Clement Cao)は次のように述べています。「お客様の目標達成を支援するクラス最高の技術と製品のエコシステム開発に投資を続けてきたため、昨年は当社の成長の中で重要な年となりました。当社のNativex、Mintegral、GameAnalyticsの各ブランドを通じ、製品のライフサイクル全体にまたがって協業するパブリッシャーやブランド、広告主の数が現在増えています。今後5~10年で当社はオンラインビジネスを牽引する重要なグローバルパートナーとなり、お客様とパートナーがデジタル時代で成功を収める手助けができると信じています」。

▼ Mobvistaの2019年度決算概要


プログラマティック広告 - プログラマティック広告による収益は前年度比40.8%増の3億2,000万米ドルを達成。2019年度全体の収益の64.0%と、2018年度の52.3%より上昇。
米国とEMEA地域からの収益が大きく成長 - 米国と南米からの収益は62.3%増の6,770万米ドルに達し、これは全世界の収益の13.5%に相当。EMEA地域での収益も、86.9%増の7,270万米ドルに成長。合計すると、米国、中南米、EMEA地域のマーケットは全世界の収益の28%に相当。
リーチの増加 - MintegralのSDKは2万6,000以上のアプリに実装され、1日あたり5億人以上のアクティブユーザーにリーチ。


Mobvistaについて
Mobvistaは、テクノロジープラットフォームで世界を牽引する企業として、デジタル時代における事業のグローバル展開に取り組んでいます。世界レベルの技術力と豊富な業界経験を基に、お客様がビッグデータ、人工知能、エラスティッククラウドコンピューティングによるクラスタ管理など、高度なテクノロジーを活用し、アジアと世界の架け橋となれるよう、サポートしています。また、お客様が将来を見据えたビジネスモデルを構築し、効果的な市場参入を実現できるようにしています。Mobvistaは、2013年に中国の広州で設立、2018年12月には香港証券取引所メインボード市場に上場を果たしました(01860.HK)。現在は、世界16都市に拠点を構え、700名を超える従業員を抱えています。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング