【128コア/メモリ1TB】AMD EPYC 7002シリーズサーバーの取り扱いを開始

PR TIMES / 2019年10月1日 10時0分



株式会社Link-U(本社:東京都千代田区、代表取締役 松原裕樹、以下当社)は、サーバープラットフォーム事業において、2019年8月1日より、AMD EPYC 7002シリーズのサーバーの取り扱いを開始し、2019年10月1日より最初のロットが稼働を開始しましたので、お知らせいたします。


初回ロットのスペック

[表: https://prtimes.jp/data/corp/38982/table/8_1.jpg ]


[画像: https://prtimes.jp/i/38982/8/resize/d38982-8-704487-0.jpg ]

AMD EPYC 7002シリーズでは従来の2CPU構成では難しかった128コア、1TBメモリという大規模な構成をリーズナブルな価格で実現しております。これにより、従来であれば多数のサーバーに分かれていたサーバー群を少数のサーバーに集約することでシンプルな構成となり、以下のコストを削減しております。
・管理コスト
・ラックコスト
・アプリケーションの複雑性

当社は、半導体等のハードウェアを専門的に研究してきたエンジニアを中心に設立され、当初からサーバーネットワーク技術を活用してまいりました。これまでコンテンツ配信事業に取り組む中で、大量のトラフィックを捌くことで培った知見を社内で共有し、サーバープラットフォーム事業を拡大し続けております。

自社専用回線を用いることによる安定した高速配信、コンテンツ容量を削減する圧縮技術、シンプルなサーバー構成を利用したデータベース高速処理技術といった高スペックサーバーを活かすソリューションを提供することにより、ユーザビリティの向上にも貢献し、技術の点から、お客様と同じ目線でサービス利用拡大に取り組んでおります。

当社はサービスに応じて最適なサーバーを自社設計することで、お客様のサーバーコストを削減、高コストパフォーマンスなサーバーを提供いたします。AMD EPYC 7002シリーズにおいてもお客様ごとのカスタマイズが可能です。お気軽にお問い合わせください。


■ 連絡先
株式会社Link-U( https://link-u.co.jp/)
contact@link-u.co.jp

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング