活用する力が身に付く情報授業テキスト「つくりたい!がカタチになる 学生のためのOfficeスキル活用&情報モラル」発刊

PR TIMES / 2019年9月29日 12時40分

この度、noa出版より、Word、Excel、PowerPointの基礎スキルから情報モラルまで、1冊で学べるテキスト「つくりたい!がカタチになる 学生のためのOfficeスキル活用&情報モラル」が発刊されます。



[画像1: https://prtimes.jp/i/44832/8/resize/d44832-8-178008-0.jpg ]

≪noa出版≫を運営する株式会社ワークアカデミーでは、教材制作だけでなく、大学や専門学校などの教育機関へカリキュラム作成から授業運営までのトータルプロデュースも提案しています。だからこそ、現場の先生が求める授業環境を把握し、サポートできる教材を制作することができます。今回発刊する「Office&情報モラル」シリーズも現場の先生からの「機能は知っているのに活用できない学生が多い」という声より生まれました。

従来の情報授業には、テキストや先生の指示通りに学ぶ「知識積み上げ型授業」が多く採用されています。この授業では「テキストに書いてある通りにはできるものの、別のものを作るとなるとどうしていいのか分からない」や「機能は知っているものの、どう使えばいいか分からない」と感じる学生が多く見られる問題を抱えています。結果、学びが身に付いているのか疑問に思う先生方が多くいらっしゃいます。

「Office&情報モラル」シリーズは、この問題を解決すべく「目的志向型※1」のテキストとして制作されました。作成プロセスごとに、その機能を使う理由や効果などを考えながら、目的意識を持って成果物を作成する構成になっているため、主体的にOfficeの利活用力を身に付けることができます。
[画像2: https://prtimes.jp/i/44832/8/resize/d44832-8-571992-2.jpg ]



[画像3: https://prtimes.jp/i/44832/8/resize/d44832-8-982182-1.jpg ]



また、テキスト内には各機能の操作方法を記載しておらず、学生自身がリファレンス動画を活用し、必要な操作方法を調べて考えながら学習を進めていくため、汎用的なスキル、応用力を身に付けることに適した教材です。さらに今回の改訂では「視覚的により分かりやすく」をコンセプトにバージョンアップしています。全国の大学の情報授業で採用され、シリーズ累計販売部数10万6,000冊にのぼる人気テキスト「つくりたい!がカタチになる 学生のためのOfficeスキル活用&情報モラル」を、ぜひご利用ください。

本書について
タイトル:「つくりたい!がカタチになる 学生のためのOfficeスキル活用&情報モラル」
 ※バージョンフリーのテキストのためOffice365、Office2019、Office2016すべてに対応
ISBN: 978-4-908434-40-2
定価:1,204円(税抜)
発刊日:2019年9月30日
刊行形態:B5判書、256ページ、製本式、2色刷(一部、カラー刷)

●本書のご注文はこちら
⇒  http://noa-prolab.co.jp/store/products/detail.php?product_id=105

≪構成≫
・「準備編」「基本編」「活用編」「セキュリティと情報モラル編」の4部構成
・準備編 基本操作確認問題(入門レベルの理解度を事前にチェック可能)
・活用編 研究レポート・発表資料作成を疑似体験

≪特徴≫
・Idea→Design→Think→Process→Tryの流れで資料作成の手順を学んで実践!
・Officeの操作方法は “リファレンス動画” で確認。 実際の文書に置き換えて活用
・チラシやレポート、成績表など学生にとって身近な題材を利用
・練習問題は、応用→発展とレベルアップ。指示がなくても作成できる応用力が身に付く
・先生サポート資料(ワークシート、シラバス、カリキュラム、総合評価 ルーブリックなど)をご用意

★リファレンス動画について
「noa 出版 リファレンス動画サイト」は、WordやExcel、 PowerPointの操作を解説する動画を合わせて475本掲載し、個人や教育機関、企業内の学習・教育に無料でご利用いただけます。 スマートフォンやタブレット上での再生にも対応し、手持ちの端末で動画を確認しながらパソコンで実際に操作をするといった利用方法が可能です。 各アプリケーションの機能別メニューやキーワード検索で素早く目的の操作を調べ、約1分程度の動画で操作を確認できるので、 知りたいときに知りたい操作を即座に確認できることが特徴です。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング