【リニューアル】AIで算数の苦手を分析するオンライン学習サービス「アンカー」が、アプリ全面リニューアルを実施

PR TIMES / 2020年7月1日 14時24分

子どもが一人でも使えるほど、わかりやすいデザインに生まれ変わりました。新しいアプリを1週間無料でお試しいただくことができます。

AIを活用した算数のオンライン学習サービス「アンカー」を運営する株式会社Study Valley(東京都江戸川区東葛西5-13-9-405、代表取締役 田中悠樹)は、ユーザーがより効率よく勉強できるサービスを目指し、初のアプリ全面リニューアルを実施しました。

アンカーは、「Try More by Learning Better」をビジョンの1つに掲げ、2020年2月のアプリ公開以来、子どもが効率よく学習できるサービスやアプリになるよう改善を重ねてきました。その結果、経済産業省「未来の教室」や新聞など様々なメディアに紹介され、多くのユーザーの皆様に利用していただきました。アンカーは、さらに一人ひとりのユーザーがより楽しく効率よく学習できる環境を整えるため、機能やデザインを一新いたしました。現在、AI苦手分析機能を含む全サービスを1週間無料でお試しいただけるキャンペーンを実施しています。



[画像1: https://prtimes.jp/i/56625/8/resize/d56625-8-392838-0.jpg ]


<主なリニューアルのポイント>
1.アプリ全体のU I /U Xならびにデザインをリニューアル
 最新のテストがホーム画面に表示され、優先的に学習すべきことが一目瞭然
2.テスト管理機能
 大量のテストを写真で保存できる機能を追加
3.学習一覧
 YouTubeのような動画のサムネイルを表示することで、子どものやる気U P!
4.ロゴマーク
 テストをスキャンすることがわかりやすいデザイン
[画像2: https://prtimes.jp/i/56625/8/resize/d56625-8-830595-6.jpg ]

算数のアンカー: https://www.lp.studyvalley.jp/
iOS版アプリ: https://apps.apple.com/jp/app/id1495981768
Android版アプリ: https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.studyvalley.anchorandroid


<参考資料>
■「アンカー」とは

アンカーは、小学1年生から6年生向けの算数オンライン学習サービスです。
AIによる苦手自動分析システムにより、ピンポイントで効率よく学習することができます。

【アンカーの使い方】
1. 学校のテストやプリントなどを写真に撮り、アップロード
2. AIが苦手な分野を特定し、お子さま1人ひとりに合った授業動画や練習問題を提供
3. 提供された授業動画を見て学習内容を理解した後、練習問題を解くことで学力が定着。

■アンカーの特長

1.AIでやるべきところだけ学習できる!

[画像3: https://prtimes.jp/i/56625/8/resize/d56625-8-401430-3.png ]

2.YouTubeのような授業で、子どものやる気U P!

[画像4: https://prtimes.jp/i/56625/8/resize/d56625-8-570426-5.png ]

3.最小限の学習時間だから、小学生も頑張れる!

[画像5: https://prtimes.jp/i/56625/8/resize/d56625-8-325462-4.png ]

4.気軽に始められる圧倒的低価格!

[画像6: https://prtimes.jp/i/56625/8/resize/d56625-8-535864-2.png ]

■株式会社Study Valley(スタディーバレー)について

2020年1月23日に設立し、テクノロジーを活用し、教育における課題を解決することをミッションに掲げている会社です。
小学生向けのオンライン学習サービス「アンカー」に加えて、学校教職員の業務効率を支援するサービスなども展開を予定しております。
https://www.studyvalley.jp/
■お問い合わせ窓口
株式会社Study Valley
welcome@studyvalley.jp

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング