1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

SIerのDTSとITコンサルティングファームのPBCが、Microsoft Dynamics 365を活用したシステム開発で業務提携

PR TIMES / 2021年11月17日 16時45分

国内初の住宅業界向け専用CRMシステムを共同開発

SIerの株式会社DTS(東京都中央区、代表取締役社長 北村友朗)とITコンサルティングファームの株式会社パシフィックビジネスコンサルティング(東京都品川区、代表取締役社長 佐伯明彦 以下、PBC)は、クラウド型ビジネスアプリケーション「Microsoft Dynamics 365」を活用したシステム開発で業務提携をすることに合意いたしました。
DTSの各業務領域での業務ノウハウやシステム開発力と、PBCのコンサルティング力、Dynamics 365の導入実績におけるノウハウ等を組み合わせ、シナジーを発揮させ、お客様に価値あるサービスを提供していきます。
第一弾は、国内初となる住宅業界向け専用のCRM(顧客関係管理)システムを共同開発します。本共同開発では、操作性・柔軟性・拡張性の高いDynamics 365をベースに、営業プロセスの作成から新規営業活動の見える化、アフター営業の管理までをワンストップで一括管理するCRMシステムを実現し、ハウスメーカーやビルダー、工務店、建材メーカー等のお客様に提供することで、住宅業界のデジタル化に貢献をしていきます。



【住宅業界向けCRMシステムについて】
■システムのイメージ       


[画像1: https://prtimes.jp/i/81622/8/resize/d81622-8-9fc43a29925d4c066482-0.png ]


■開発の背景
住宅業界におけるCRMシステムやSFA(営業支援システム)の浸透度合いは、DXや情報化が高まるなか導入率や運用率は年々高くなっているものの、汎用的なものが多く専用のCRMシステムは見受けらません。DTSは2000年より販売を開始した住空間プレゼンテーションソフト「Walk in home」や2018年に販売を開始した「住宅基幹フレームワーク」を導入いただいたお客様数十社にアンケートを行い、その声などから利用実態を分析しました。その結果、営業プロセスからアフター管理までをワンストップで一括管理するシステムの必要性を認識し、ERP関連の業務でパートナーであったPBCとの業務提携に至りました。

■特  徴
Dynamics 365の使いやすいインターフェイスによる「操作性」、他のマイクロソフト製品とのシームレスな連携が可能な「柔軟性」、お客様の業務に合わせたシステム構築を可能とする「拡張性」を活用し、営業初期段階から顧客情報や建物情報、材料情報などの情報をクラウドで集約し、経営層や営業の管理者などにリアルタイムに情報を提供する事を主眼におき、即時判断が出来るCRMに仕上げていきます。

■価  格
お客様のシステム環境により異なるため、下記DTSの営業担当者またはPBCの営業担当者まで問い合わせください。(当面はWalk in homeの導入企業3,000社、40,000ユーザーを対象として展開予定)

【株式会社DTSについて】
株式会社DTSは、総合力を備えたシステムインテグレーター(SIer)として、金融業、産業・公共、通信業向けサービスを柱に、コンサルティングからシステム設計・開発、基盤構築・運用までをワンストップで提供します。また、DTSグループは、システムに関わる様々な専門性を活かした付加価値の高いサービスを提供します。
https://www.dts.co.jp/

<お客様からのお問い合わせ先>
営業本部 第一営業部 担当  TEL:03-6914-5654  E-mail:sales@dts.co.jp

【株式会社パシフィックビジネスコンサルティングについて】
株式会社パシフィックビジネスコンサルティングは、マイクロソフト製品の導入サポートをグローバルに展開するITコンサルティングファームです。自社開発の日本向けローカライズ・商習慣パック「J-Pack」を軸とした国内の導入はもとより、日系企業のグローバル展開や外資系企業の日本法人向けプロジェクト支援を強みとし、これまで30カ国400サイトを超える導入実績を誇ります。2019年には日本マイクロソフト株式会社とともに「Cloud ERP Partners for SMB(CEPS)」を設立し、中堅・中小企業のデジタル変革支援に取り組んでいます。
https://www.pbc.co.jp/

<お客様からのお問い合わせ先>
営業本部  TEL:03-5796-7055  E-mail:Dynamics@pbc.co.jp


【参考情報】
■住宅業界向け専用CRMシステム導入例

[画像2: https://prtimes.jp/i/81622/8/resize/d81622-8-1ef15e869d2c7285ac63-1.png ]


■住空間プレゼンテーションソフト「Walk in home」について

[画像3: https://prtimes.jp/i/81622/8/resize/d81622-8-6f70b300505369df4e33-2.png ]

住空間のプラン立案や美しい3Dパースを簡単に作成できるプレゼンテーションソフトであるWalk in homeは、プランニングから様々なシミュレーションを「速く」「美しく」「使いやすく」そして、「夢をかたちに」が実現するシステムです。間取りを入力するだけで、平面図・立面図はもちろん、高画質なCGパースまで一気に作成することができます。また、確認申請に必要となる各種面積図や構造平面図・軸組計算図などの根拠図も作成できます。ハウスメーカーやビルダー、工務店、建材メーカー等のCADオペレーター、営業担当者、設計担当者の皆様に広くご活用いただいています。2005年度「グッドデザイン賞」受賞。

■住宅基幹フレームワークについて
顧客管理・受発注管理・工事工程管理・原価管理・アフター管理などの一連の基幹業務を支える、ハウスメーカー、ビルダー、工務店向けWebシステムです。営業、設計、工事、経理、アフター・リフォーム、情報システムの全部門の業務を住宅基幹フレームワークに集約することで、データの一元管理を実現します。正確な原価管理と過払い・二重払い防止を実現させるため、実行予算作成から支払までの業務を登録し、ワークフローによる申請・承認をすることで厳格な原価管理を実現。重複処理などのミス防止機能も備わっているので粗利の確保と共に効率化も図れます。住宅基幹フレームワークはDTSが実際に行った住宅関連企業への基幹システム構築実績をベースに開発されました。随時、住宅関連業務に必要なサービス、機能ラインナップを充実させており、業界に特化した基幹システムを提供します。また、住宅関連のビッグデータの活用、AIの活用も行っています。

■Microsoft Dynamics 365シリーズについて
Dynamics 365は、マイクロソフトのクラウド基盤で提供されるインテリジェントビジネスアプリケーションです。営業支援・マーケティング・カスタマーサービス・フィールドサービス・Finance・Supply Chain Management(エンタープライズ向けERP)・Business Central(中堅・中小企業向けERP)・プロジェクトオペレーション・流通小売・人事管理などの機能があります。Dynamics 365の機能の一つであるDynamics 365 Salesは、見込顧客管理からマーケティングキャンペーン、商談・売上見込、見積作成までを幅広くカバーすることができるCRM/SFA機能を備えています。

※Microsoft Dynamics 365、Microsoft Azureは、Microsoft Corporationの米国及びその他の国における商標または登録商標です。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください