ゼッタテクノロジー、Web入力フォーム開発支援ツール「Easy Form Generator」を発表

PR TIMES / 2014年9月25日 14時47分

~ExcelシートからWeb入力フォームを容易に作成~

ソフトウェアの開発/販売を手掛けるゼッタテクノロジーは、アドバンスソフトウェアと共同開発した、Webシステムの入力フォーム開発を支援するツール「Easy Form Generator(イージー・フォーム・ジェネレーター)」を2014年11月に発売いたします。
Easy Form Generatorは、エンドユーザーがデータ入力用に利用/作成しているExcelシートをそのまま取り込み、Web入力フォームとしてHTMLファイルを生成することができます。入力データのチェックのほか、画面設計書の出力も可能で、Web入力フォームの開発工数を劇的に削減することができます。

……………………………………………………………………………………………



ソフトウェアの開発/販売を手掛けるゼッタテクノロジー株式会社(本社所在地:東京都文京区、代表取締役社長 田中義彦、以下「ゼッタテクノロジー」と略)は、Webシステムの入力フォーム開発を支援するツール「Easy Form Generator(イージー・フォーム・ジェネレーター)」を2014年11月に発売いたします。今回の製品は、アドバンスソフトウェア株式会社(本社所在地:福井県福井市、代表取締役 山本一浩氏、以下「アドバンスソフトウェア」と略)との共同開発により実現しました。

【Easy Form Generatorの期待効果】
Easy Form Generatorは、エンドユーザーがデータ入力用に利用/作成しているExcelシートをそのまま取り込み、Web入力フォームとしてHTMLファイルを生成することができます。また、入力データのチェックのほか、設計書の出力も可能で、Web入力フォームの開発工数を劇的に削減することができます。
エンドユーザーが利用/作成したExcelシートを使用することにより、ユーザー要件の反映を円滑に行うこともできます。取り込んだデータは、GUIベースのデザインツールできめ細かい画面設定が可能で、Web入力フォームの品質向上を強力にサポートします。

【システム開発を取り巻く環境と課題】
近年、システム開発の立場からは、マイナンバーや電子政府など制度変更のほか、ITガバナンスの観点から企業におけるシステム内製化へのシフトといった、新たなトレンドへ対応が迫られています。開発エンジニアは人員不足となり、開発プロセスにおける生産性向上が急務となっています。
このような状況の中、Webシステム開発においては、入力用のフォーム作成の生産性向上および品質改善が重大な課題の一つです。国内のシステム開発従事者を対象に当社が独自に行った調査(2014年9月実施)によると、Web入力フォームの開発プロセスにおいては、以下のような問題が上げられていました。
●フォームのデザインに多大な工数を要する
●入力データのチェック機能の実装に時間がかかる
●仕様変更による手戻りが発生する

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング