ワカバ 「あかり-donation music ver.-」 総額147,928円 寄付金贈呈式実施

PR TIMES / 2012年7月31日 18時6分



------------------------------------------------------------
〜東京自殺防止センター/日本いのちの電話連盟へ収益全額寄付〜※1

内閣府「いのち支える(自殺対策)プロジェクト」キャンペーンソング
ワカバ 「あかり-donation music ver.-」

総額147,928円 寄付金贈呈式実施
------------------------------------------------------------


 特定非営利活動法人ドネーションミュージック(代表:望月衛)は、2011年3月1日より全国各エリアにてスタートした内閣府「いのち支える(自殺対策)プロジェクト」キャンペーンソング、ワカバ 「あかり-donation music ver.-」の流通経費を除くその収益(2011年2月23日〜2012年2月29日配信分)のすべてである総額147,928円を寄付する運びとなり、楽曲を制作したワカバから日本いのちの電話連盟ならびに東京自殺防止センターそれぞれへの寄付金贈呈式を7月26日(木)に行いました。

 贈呈式でメンバーの亀田さんは、「今回の楽曲『あかり』は、ぼくたちを長く支えてくれたあるファンの方がきっかけで作った曲。周りの協力があってこそ今のぼくたちがあるので、今回の活動を通して誰かを支えられたら。」と話し、松井さんは、「ぼくらに出来ることは、曲を作り、歌うこと。寄付ができる『あかり』という曲をもっとたくさんの人に聞いてもらえるよう活動を続けていきたい」と熱い想いを語りました。

 特定非営利活動法人ドネーションミュージックは、日本初となるドネーションミュージック(寄付音楽)を推進する機関として2010年6月に認可、設立されました。100%透明なドネーションの分配システムおよび企業とコラボレーションしたドネーションミュージックのダウンロードを促進するプロジェクトの企画、運営を行っています。楽曲ダウンロードを通じて預かった寄付金はその目的に応じて、NPO法人や財団など社会貢献活動をする団体にお届けしています。

 今後も特定非営利活動法人ドネーションミュージックでは、音楽を通して様々な支援を行ってまいります。

※1・・・流通経費を除くその収益



<ドネーションミュージックとは>
 
 購入と同時に購入代金の一部が任意の団体に寄付されることを目的に制作された音楽のこと。販売により音楽制作者が受け取る対価である音楽原盤印税を寄付の対象とする。従来のチャリティー音楽は収益の一部の寄付であったが、ドネーションミュージックは販売促進を目的にはしていないため、アーティスト印税も含む原盤印税収益のすべてを対象期間において寄付することを基本とする。
※配信販売の場合、税抜販売価格の約50%が原盤印税に相当。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング