カンロ 健康のど飴30周年記念調査第2弾 受験生に必要なのは、「アメとムチ」ならぬ、“アメ”と“飴”!? 受験を乗り越えた大学生(1,2年生)400人に聞いた 大学受験に関する調査

PR TIMES / 2012年1月12日 11時5分



 カンロ株式会社(本社:東京都中野区、代表取締役社長:村上 和夫)では、「健康のど飴」が発売30周年を迎えたことを記念し、昨年より「のど飴 はじめて」をキャッチコピーに、「健康のど飴」が生まれた80年代を懐かしむ、様々なキャンペーンを展開しています。
 1月14日より いよいよセンター試験が始まり、受験シーズンが本格化しますが、今回、受験を乗り越えた大学生(1,2年生)400人を対象に「大学受験に関する調査」 を実施しました。 その結果、現代の学生は褒められたり、ご褒美を目標にすることで受験勉強を頑張れた人が多いことが分かりました。また、勉強時のお供にする人が多い“お菓子”ですが、食べすぎで太ってしまう人も少なくなく、さらに、冬の時期は乾燥しがちなので、のどのケアができ、ゆっくり味わう事ができる飴は、受験生にオススメのアイテムなのではないでしょうか。まさに、現代の受験生に必要なのは 「アメとムチ」ならぬ、“アメ”と “飴”といえそうです。
 つきましては、調査レポートをご送付させて頂きますので、本調査結果を是非ご活用頂けますと幸いです。

■褒められて伸びる現代の学生には、“ムチ”ではなく“アメ”を与えるべき!?
・自分は褒められて伸びるタイプと回答した人 72.8%
・ご褒美を設定して、それを目標にすることで、頑張れたと思うことがある人 64.5%
 その一方、勉強をしろと、怒られたり、厳しくされたことで、頑張れたと思うことがある人 36.2%
 ⇒さらに、受験勉強中、“アメ”と“ムチ”どちらがやる気がでるかという質問をしたところ“アメ”と回答した人 68.5%

■お菓子は受験勉強の味方。でも食べ過ぎて太ってしまう人も・・・
・勉強のお供にお菓子! 甘いものを食べると頭が働く気がする 80.0%
・受験勉強中、いつもより多く夜食やお菓子を食べていた人 59.6%
・その理由は、1位 お腹がすくから、2位 勉強に煮詰まったから
・受験勉強中、太ってしまった人は25.5%。 その平均は、5.2kg増!

■健康第一の受験期。受験勉強時に、乾燥が気になる人も多い。
・塾や図書室など、勉強する場所が乾燥していて気になった人 63.0%
・乾燥ケアのために行っていたことは、飲み物を飲む(51.5%) 次いで、2位 飴を舐める(30.8%)  

PART.1 現代の受験生には、“ムチ(喝)”より“アメ”(ご褒美)!
■褒められて伸びる現代の学生には、“ムチ”ではなく“アメ”を与えるべき!?
人に物事をやる気にさせるには“アメ”と“ムチ”が必要といわれますが、受験を経験した大学生1.2年生に調査をしたところ、厳しく強制されたり、喝を入れられる “ムチ”よりも、褒められたり、ご褒美を目標にする“アメ”の方が、受験勉強を頑張れたということがわかりました。 褒められて伸びる現代の学生には、“アメ”をたくさん与えることがやる気にさせるポイントなのかもしれません。
・自分は褒められて伸びるタイプと回答した人 72.8%
・ご褒美を設定して、それを目標にすることで、頑張れたと思うことがある人 64.5%         
 その一方、勉強をしろと、怒られたり、厳しくされたことで、頑張れたと思うことがある人 36.2%
・受験勉強中、“アメ”と“ムチ”どちらがやる気がでるか。“アメ”と回答した人 68.5%
・親にして欲しかったこと 1位 口出し・干渉しないこと 2位 ご褒美のものをくれること

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング