エース損害保険が災害時の迅速な復旧を見据えてバックアップシステムを刷新

PR TIMES / 2013年5月10日 15時11分

~デルのソリューションによる仮想化環境でデータセンター間のリモートバックアップを実現~

デル株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:郡 信一郎、以下、デル)は、エース損害保険株式会社(本社:東京都目黒区、代表取締役社長兼CEO: ジェフ・ヘイガー、以下、エース損害保険)が、デルのサーバおよびストレージを導入してバックアップシステムを刷新した事例を発表しました。新バックアップシステムは災害時の迅速な復旧を見据えて、データリカバリの大幅な時間短縮と、東京・大阪のデータセンター間でレプリケーションを実現し、災害対策(DR)ならびに事業継続(BCP)を推進しています。2012年5月より段階的にシステム構築が進められ、現在、安定稼働しています。

デル株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:郡 信一郎、以下、デル)は、エース損害保険株式会社(本社:東京都目黒区、代表取締役社長兼CEO: ジェフ・ヘイガー、以下、エース損害保険)が、デルのサーバおよびストレージを導入してバックアップシステムを刷新した事例を発表しました。新バックアップシステムは災害時の迅速な復旧を見据えて、データリカバリの大幅な時間短縮と、東京・大阪のデータセンター間でレプリケーションを実現し、災害対策(DR)ならびに事業継続(BCP)を推進しています。2012年5月より段階的にシステム構築が進められ、現在、安定稼働しています。

エース損害保険は、スイスのチューリッヒを拠点に世界53ヶ国で事業を展開するエース・リミテッドの日本法人です。以前からDRの一環として各種データベースやメールサーバなどのデータを日次でテープにフルバックアップしてきました。2011年3月の東日本大震災を機にBCPの必要性が高まり、テープバックアップシステムの課題が顕在化しました。例えば、遠隔地からのデータ取得に時間がかかる、バックアップ作業が翌朝まで完了しない、テープ管理にまつわる業務負荷(テープ管理用ラベルの更新、テープローテーションのスケジュール作成など)がありました。

これらの課題を解決するため、バックアップ先をディスクストレージに変更、iSCSI SANストレージ「Dell EqualLogic」によりD2D(Disk to Disk)でのバックアップ環境を整備し、ネットワークを介して東京と大阪のデータセンターでレプリケーションする仕組みを確立しました。2ソケット1UサーバDell(TM) PowerEdge(TM) R610を採用して、iDRACでのリモートによる障害からの復旧が可能なシステムを構築しました。遠隔地での迅速なデータバックアップを実現すると共に、本番システムの運用停止に備えて、大阪のデータセンターに最新の仮想化ソフトウェアを導入した仮想環境上にユーザテスト環境を構築し、緊急時のシステム切り替えを可能にしました。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング