ザイリンクス、2013 会計年度第 1 四半期の業績を発表

PR TIMES / 2012年7月23日 12時2分

ザイリンクス、2013 会計年度第 1 四半期の業績を発表


売上は前期比 4% 増に


ザイリンクス社 (本社 : 米国カリフォルニア州サンノゼ、NASDAQ : XLNX) は 7 月 18 日 (米国時間)、2013 会計年度第 1 四半期の売上が 5 億 8,280 万ドルとなり、前四半期に対し 4% の増加、前年同期比では 5% の減少となったと発表した。第 1 四半期の純利益は 1 億 2,980 万ドル (希釈株 1 株当たり利益 0.47 ドル) だった。

ザイリンクスの取締役会は、普通株の発行済み株式 1 株当たり 0.22 ドルの四半期配当を行うと発表した。配当は 2012 年 8 月 8 日営業日終了時現在の株主全員に対して 2012 年 8 月 29 日付で実施される。

2013 会計年度第 1 四半期 の会計報告 (2012 年 4 ~ 6 月)
GAAP による業績
(1 株当たりの利益以外は百万ドル単位)
増加率
2013 年度 Q1 2012 年度Q4 2012 年度 Q1 前期比 前年同期比
売上 $582.8 $559.0 $615.5 4% -5%
営業利益 $164.6 $147.5 $188.3 12% -13%
純利益 $129.8 $122.4 $154.4 6% -16%
1 株当たりの利益 $0.47 $0.44 $0.56 7% -16%

ザイリンクスの社長兼 CEO であるモーシェ ガブリエロフ (Moshe Gavrielov) は、「28nm 製品の売上がきわめて好調なスタートを切っています。これは、FPGA だけでなく、先駆的な All Programmable 3D IC や SoC を含むザイリンクスの画期的なポートフォリオのメリットが活かされつつあるといえます。第 1 四半期には、Virtex(R)-7 および Kintex(TM)-7 FPGA、Virtex-7 3D IC、そして Zynq(TM)-7000 SoC 製品といった 28nm 製品の売上が大幅に拡大し、1,000 万ドルの大台を突破しました。28nm はザイリンクスの歴史上最も成功するノードになると期待しています。また、第 1 四半期の粗利益は 66.0% で、非常に健全な状態を維持しています。歩留まりの向上とコスト削減に引き続き注力したことによって、予測値のうち最高の数字を達成することができたことが主な要因です」と述べている。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング