福島への復興の願いを込めて「会津」の香りを全国から募集 「イメージフレグランスコンテスト2014」開催

PR TIMES / 2014年6月17日 10時52分

公益社団法人 日本アロマ環境協会(略称:AEAJ、東京都中央区)は、復興への願いを込めて、福島県「会津」地域をイメージした香りを全国から募集する「イメージフレグランスコンテスト2014」を実施します(後援:環境省、福島県、会津若松市、猪苗代町、極上の会津プロジェクト協議会)。




 「イメージフレグランスコンテスト」は、アロマテラピーに欠かせない植物の香り(精油)をブレンドし、テーマ地をイメージしたナチュラルフレグランスを創作することで、「香り」や「香りある風景」に対して意識を留めていただくことを目的としたコンテストです。
 開催12回目を迎える今年は、武家文化や仏教文化など地域に根付いた暮らしの文化、雄大な自然、豊かな食など、魅力にあふれた福島県「会津」地域をテーマに作品を募集します。入賞者には2014年11月9日(日)ホテルリステル猪苗代で行われる表彰式にて、賞状および副賞が贈られます。


◆募集要項◆
【応募作品・テーマ 】「会津」をイメージしたナチュラルフレグランス
【募集期間】2014年7月25日(金)~2014年8月8日(金)<必着>
【応募資格】どなたでもご応募いただけます
【賞】
環境大臣賞・・・・・・・・・・・・1名/賞状・副賞(10万円相当)
極上の会津フレグランス賞・・・・・1名/賞状・副賞(5万円相当)
日本アロマ環境協会賞・・・・・・・3名/賞状・副賞(3万円相当)
【募集主体】
主催: (公社)日本アロマ環境協会
後援: 環境省、福島県、会津若松市、猪苗代町、極上の会津プロジェクト協議会

【提出物規定】次の2点の提出が必要。
1.応募用紙(指定用紙)
AEAJ公式サイトからダウンロードし、必要事項を記入すること
2.応募作品(ナチュラルフレグランス10ml)
《香料》 精油(ブレンド済精油、動物性香料、合成香料は不可)
《基材》 無水エタノールのみ
《濃度》 5~10%
《提出形式》 ドロッパー付のガラス製遮光瓶(容量10ml以下)
《応募点数》 1人1点まで
※応募時には必ずAEAJ公式サイトも併せてご確認ください

【審査】
審査委員会にて、イメージにあった香りであることに加え、作品名・コメントなどを総合的に審査し、総合評価の高いもの5点を優秀作品として選出。
審査委員会(敬称略・五十音順・予定)
審査委員長:
・廣瀬 清一 元(株)資生堂研究所 チーフパフューマー
審査委員 :
・岩崎 好陽  (公社)におい・かおり環境協会 会長
・宇田川 僚一 (公社)日本アロマ環境協会(AEAJ) 理事長  
・ケイ 武居   AEAJ 理事、AEAJ認定アロマテラピープロフェッショナル  
・古賀 良彦   杏林大学 医学部精神神経科 教授
・佐々木 薫   AEAJ認定アロマテラピープロフェッショナル
・佐藤 安子   会津17市町村アンテナショップ 駅カフェ店長
・佐藤 友美子  追手門学院大学 地域文化創造機構 特別教授
・畑 正高    香老舗松栄堂 主人
・藤田 成吉   AEAJ理事、元東海大学 教養学部人間環境学科 教授
・横田 純子   NPO法人素材広場 理事長
 他、環境省 水・大気環境局 大気生活環境室長(予定)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング