セキュリティ審査済みの安心なAndroidアプリ情報を提供する『アンドロイダーAPI』が各社サービスと連携決定 ~パナソニック、ドルフィン・ブラウザ、キーウェアソリューションズと連携~

PR TIMES / 2013年4月24日 14時28分

アンドロイダー株式会社は、自社で企画・運営しているAndroidアプリ情報サイト『アンドロイダー』
http://androider.jp)で蓄積したセキュリティ審査済みの安心なアプリ情報をAPIを通じて提供す
るサービス『アンドロイダーAPI』を2013年4月よりスタートし、株式会社AXSEEDのMDMシステム
「SPPM2.0」に続き、セキュリティへの意識の高い企業との連携が決定しました。
以下のサービス及び製品と連携します。

・パナソニック モバイルコミュニケーションズ株式会社 
「Psmart」 パナソニック製スマートフォンユーザー向けメーカーサイト
・ドルフィン・ブラウザ株式会社 
「ドルフィンブラウザ」 スマートフォンブラウザ
・キーウェアソリューションズ株式会社 
 「セキュアカーテン」 スマートフォン向けセキュリティアプリ





【『 アンドロイダーAPI 』連携サービス事例】

■パナソニック モバイルコミュニケーションズ株式会社
パナソニック製スマートフォンユーザー向けメーカーサイト「Psmart」と連携し、「動作check済みアプリ一覧」
で『アンドロイダーAPI』が利用されています。アンドロイダー内で、パナソニック端末での動作検証を行うこと
で、セキュリティ審査を通ったアンドロイダー公認アプリであり、且つパナソニック端末での動作検証済みのア
プリ一覧情報をAPIで提供しています。

■ドルフィン・ブラウザ株式会社
スマートフォンブラウザ「ドルフィンブラウザ」のアプリ紹介コンテンツで『アンドロイダーAPI』が利用されて
います。 
『アンドロイダーAPI』との連携により、アプリの掲載許諾を個別に取得する必要なく、常に最新の安心アプリ情報
をユーザーに提供することができます。
 
■キーウェアソリューションズ株式会社
スマートフォン情報漏えい防止アプリ「セキュアカーテン」のアプリ安心チェックで『アンドロイダーAPI』が利用
されています。
個人情報や重要情報を流出する恐れのあるアプリのインストール、アップデート時や、既存インストール済みアプリ
一覧から、公認アプリかどうかをチェックする機能が追加されました。これによりユーザーが、アプリを安心して
利用できるか否かを簡単に判断するための材料を提供しています。


【『 アンドロイダーAPI 』とは】
『アンドロイダー』は、個人情報の流出などが問題となる不正アプリ防止への積極的な取り組みを行っています。
アプリ開発者の身元確認を行う公認デベロッパー制度や、公認デベロッパーが開発し『アンドロイダー』独自のセキュ
リティチェックを行ったアプリのみを紹介する公認アプリ制度を設けています。
『アンドロイダーAPI』は、この取り組みにより蓄積した安心なAndroidアプリ情報をAPIを通じて提供するサービスです。
『アンドロイダー』のサイトから利用登録(無料)するだけで、情報を活用できます。

※利用登録は、https://androider.jp/api/ より行えます。


◆会社概要
社 名 : アンドロイダー株式会社
所在地 : 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2丁目12番19号 東建インターナショナルビル8F
事業内容 : Android情報サイト『アンドロイダー』の企画・運営、スマートフォン関連事業 他

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング