クラウドファンディングで資金調達目標100万円を達成!「エル・システマジャパン」 福島県相馬市での子ども音楽教室実現へ!

PR TIMES / 2013年8月6日 13時38分

資金提供受付開始から1ヶ月で、サポーター82名より1,079,000円の支援を集め、目標金額100万円を達成!

 クラウドファンディングプラットフォーム「Shooting Star(シューティング スター)」にて、ベネズエラ発の世界的音楽教育プログラムを実践する「エル・システマジャパン」による、福島県相馬市の子どもたちへの音楽ワークショップ開催プロジェクトが、資金提供募集開始より1ヶ月で目標の100万円を達成致しました。



 株式会社JGマーケティング(本社:東京都港区、代表取締役:佐藤大吾)は、2013年6月12日よりサービス提供を開始したクラウドファンディングプラットフォーム「Shooting Star(シューティング スター)」にて、ベネズエラ発の世界的音楽教育プログラムを実践する「エル・システマジャパン」による、福島県相馬市の子どもたちへの音楽ワークショップ開催プロジェクトが、資金提供募集開始より1ヶ月で目標の100万円を達成致しました。

 

 本プロジェクトは、原発事故による影響を心身ともに受けている福島県相馬市の子どもたちに、音楽を通して夢や希望を伝えるワークショップを行うための資金を募るもので、家庭の経済状況によらずすべての子に無償での集団音楽教育を提供することを目指し活動する、一般社団法人「エル・システマ」の理念を受け継ぐ「エル・システマジャパン」によってプロジェクトが立ち上げられました。7/5の資金提供(サポーター募集)の受付開始から1ヶ月で、サポーター82名より1,079,000円の支援を集め、目標金額100万円を達成いたしました。


 今回集められた資金は、8月7~10日に相馬にて実施するの音楽ワークショップ&発表会に、講師としてベネズエラから4人の音楽家を招くための渡航費などにあてられます。今後のプロジェクトの進捗についても、Shooting Starのプロジェクトページ(http://shootingstar.jp/projects/164)より報告してまいります。


【エル・システマジャパンからのメッセージ】


支援してくださった皆様へ

嬉しくて嬉しくて仕方ありません、ご支援頂いた全ての皆様に対して感謝の意を伝えたく思います。

本場ベネズエラエル・システマのモットーは、「奏でよ、そして闘え」。福島相馬の子どもたちが、困難を乗り越える力と勇気を身につけるための音楽。単なる情操教育ではなく、癒しだけを目的としているものではありません。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング