「転職願望」は伝染する!?エージェント利用者の半数近くがまわりの影響で転職活動を意識

PR TIMES / 2013年11月28日 13時25分

30代女性の6割以上は転職希望者同士でランチミーティング

~転職エージェント利用者に聞いた、おすすめエージェントは「リクルートエージェント」~
株式会社ジャストシステムは、セルフ型アンケートサービス「Fastask(ファストアスク)」を利用して、事前の調査で「直近1年以内に転職エージェントの利用経験がある」と回答した1都3県の20歳~39歳の男女200名を対象に、『転職に関する調査』を実施しました。集計データをまとめた全34ページの調査結果レポートを「Fastask」実例レポートページ( https://www.fast-ask.com/report/ )よりダウンロード提供します。



【調査結果の概要】

■転職エージェント利用者の半数近くが、まわりの影響で転職活動を意識
 転職エージェント利用経験者の48.0%の人が、「転職活動をしている人の話を聞いて、元々転職を考えていなかった自分も転職を意識しはじめた」と答えました。男女別に見ると男性が44.9%、女性が54.8%となり、女性の方がやや数値が高くなりました。

■おすすめ転職エージェント1位は「リクルートエージェント」、2位は「DODA」
 人に勧めたい転職エージェントを聞いたところ、1位は「リクルートエージェント」(35.0%)、2位は「DODA」(28.5%)、3位は「en転職コンサルタント」(26.0%)となりました。年代別に見ると、1位は20代、30代ともに「リクルートエージェント」でした。2位については、30代が「DODA」(29.9%)だったのに対し、20代は「リクルートエグゼクティブエージェント」(26.4%)となりました。

■30代女性の6割以上は、転職希望者同士でランチミーティング
 「転職希望者どうしでランチをしたり、情報交換をしていた」人は、転職エージェント利用経験者のうち、42.0%でした。性別・年代別で見ると、20代男性が40.7%、30代男性が34.2%、20代女性が50.0%、30代女性が61.1%となり、30代女性が転職希望者同士で情報交換を行う傾向がもっとも強いことがわかりました。

■転職エージェント利用経験者の52%は、転職後もスカウトメールをオン
 転職後、スカウトメールをオフにしたかを聞いたところ、転職エージェント利用経験者の52.0%が「オフにしていない」と回答しました。性別で見ると男性が47.9%、女性では61.3%と6割以上がオンにしたままであることが分かりました。

■女性の7割以上は、転職後も、ときどき求人案件をチェック
 転職エージェント利用経験者の55.5%は、「転職した後もときどき求人案件をチェックしている」と回答しました。性別で見ると男性は48.6%、女性では71.0%と7割上が新しい職場に移った後も他の求人案件が気に掛かるようです。


【調査の実施概要】

調査期間 :2013年11月20日(水)~2013年11月21日(木)
調査対象 :Fastaskのモニタのうち、事前の調査で「直近1年以内に転職エージェントの利用経験がある」と回答した1都3県の20歳~39歳の男女200名

質問項目 :
・転職エージェントについて、あなたの状況にあてはまるものをお選びください。
・あなたが人におすすめしたいと思う転職エージェントについて、あてはまるものをお選びください。
・転職活動について、あなたの状況にあてはまるものをお選びください。
・転職について、あなたの状況にあてはまるものをお選びください。
・決定するまでにかかった時間について、あてはまるものをお選びください。
・あなたは現在何社ぐらいの転職エージェントに登録していますか?現在転職活動を行っていない方
は転職活動を行っていた際の登録数をお選びください。
・転職する(またはした)業界について、あなたの状況にあてはまるものをお選びください。
・あなたが転職エージェントのことを知った情報源についてあてはまるものをお選びください。
・あなたが転職エージェントを選んだときの決め手について、最もあてはまるものをお選びください。
・転職エージェントの印象について、あなたの考えにあてはまるものをお選びください。複数ご登録
の場合は、全般的な印象をお答えください。
・転職エージェントとのやりとりについて、あなたの状況にあてはまるものをお選びください。複数ご登録の
場合は、それらの中でのご経験についてお答えください。
・半年前と比較して、アベノミクス効果で求人案件も増えたと感じていますか?

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング