コグネックスのバーコードリーダを使用し、二次元コードの正確な読み取りを実現

PR TIMES / 2014年2月27日 13時0分

自動車トランスミッション組み立てラインの生産性を向上



画像処理とバーコードリーダのトータルソリューションプロバイダであるコグネックス株式会社(本社 東京都文京区、代表取締役社長 井上 誠)は、世界中のあらゆる製造現場で使用されているコグネックス製品の活用事例として、Ford Motor Company(以下Ford) 向けなどのトランスミッションを製造する主要メーカーであるHanwha TechM の活用事例を新たに発表しました。

Ford では、中国の重慶工場の生産性を高め、不具合ゼロを達成するために、常に正確なアセンブリを実施し、トランスミッションキャリア部品が欠如していないか、欠品を確認することが大変重要となっていました。そのために、各自動車部品メーカーには、より正確なバーコード読み取りソリューションが求められていました。この課題を克服するため、トランスミッション製造の主要メーカー Hanwha TechM は、In-Sight バーコードリーダを導入し、高い読み取り率、生産性の向上、完璧な履歴管理システムの実装を実現し、Ford の要件を満たすことに成功しました。

<概要>
■課題
読み取りの障害となる油、ほこり、湿気、振動などの悪条件を克服した上で、安定した読み取りを実現させなくてはならない。またキャリア組み立てラインにおいては、部品が丸いため、部品に直接刻印(ダイレクトパーツマーキング(DPM))されたデータマトリックスコードを同じ位置に配列できないという課題がある。

■解決策
コグネックスの工業用バーコードリーダIn-Sightを使用して読み取り検査。

■利点
コグネックスの In-Sight バーコードリーダは、高解像度の広い視野角を備えているため、部品に印字されるコードの位置がバラついていても、高い読み取り率を達成できる。

<詳細>
画像処理ベースのバーコードリーダは、自動車生産ラインの各コンポーネントにおける正確なアセンブリおよび履歴管理の実現に欠かせません。このシステムは、正確なバーコード読み取りを実現させるための障害となる油、ほこり、湿気、振動などの悪条件を克服し、十分な読み取り性能を発揮する必要があります。 このような悪条件は、検査結果に直接影響するため、画像処理システムの実装時には十分配慮しなければなりません。

■トランスミッション組み立てラインの厳しい読み取り条件
トランスミッションキャリアは、インプット、アウトプット、リアクションキャリア部品で構成されています。 それらのコンポーネントには、レーザーマーカーで直接刻印(DPM)されたデータマトリックスコードが付いています。二次元コードには、ロット番号、シリアル番号、工場情報、生産日時などの重要な情報が含まれています。正しい部品がアセンブリに使用されているかを検査し、履歴およびプロセス管理を実施するため、このコードがコードリーダで読み取られます。 こうして、部品はその後の生産、アセンブリ、流通の工程で管理できるようになります。 正確にコードを読み取ることは、生産効率の向上、製品品質の高さ、完璧な履歴管理システムに直接つながります。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング