Fotoliaインスタント、アプリでスマホ写真のマネタイズに成功

PR TIMES / 2014年6月27日 9時21分

スマホ写真アプリ経由の販売数は5万回を記録、iOS版に加えアンドロイド版も登場

低価格型のストックフォトサイトを運営するFotolia(本社: 米国ニューヨーク、代表取締役: オレグ・テチェルゾフ)は、Fotoliaインスタントアプリ経由での画像販売50,000回の達成を発表いたしました。これは、スマートフォン写真の販売において、これまでで最も成功したプラットフォームになったことを意味します。また、iOSのみに対応していましたが、本日アンドロイド版もリリースし、Google Playから無料で入手できるようになりました。



Fotoliaインスタントは、現時点においてスマートフォンで撮影した写真をフォトグラファーが販売できる唯一のスマホアプリです。このアプリは、マイクロストックフォトプロバイダーとしての実績を元に、販売用、それもプライベートで撮った非営利的な写真をマネタイズするためにデザインされています。ソーシャルネットワークにおいてもこれまでに時々試行され、既に他のフォトグラファーコミュニティーサイトなどでスマホ写真の販売について告知されていましたが、販売ノウハウが無い、購入者数が少ない等の理由から、Fotoliaインスタントアプリが一歩先行く結果となりました。

「スマホ写真は無視できないほど大きなトレンドだったので、まずは実験的にインスタントをリリースしました。そして現在、インスタントはFotoliaが期待していた以上の新鮮な素材コレクションと売上をもたらしています。ビジネスを軌道に乗せるための“魔法の要素”の調合は困難を極めます。私たちは今回のアンドロイド版アプリのリリースが、モバイルクリエイターの数や売上にどれほど影響を与えるのか、今後の動向に注目しています。」と、Fotolia CEO 兼共同設立者のオレグ・テチェルゾフは語ります。

Fotoliaインスタントは、iPhone、そしてこれからはアンドロイド-ユーザーもダウンロード可能なアプリで、無料登録の後、販売用の写真をアップロードできます。モバイル専用で、イメージ素材の販売者と購入者、合わせて約500万人を抱えるFotoliaのコミュニティとつながります。売上からの収益は、Fotoliaの他の画像コレクションと同様にクリエイターと分配されます。この9ヶ月間、Fotoliaインスタントはスマホ写真から収入を得る便利なツールであると口コミで広がり、新鮮でのびのびとした写真を提供する新規参入のモバイルフォトグラファーにとって新たな市場となりました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング