第10回「農家(ノーカー)・オブザイヤー」 全国1000 軒以上のカリスマ農家のおいしいNo.1が決定!

PR TIMES / 2014年3月14日 17時43分

初の金賞 「たつやのにんじん」にんじん嫌いの子どもも魅了/銀賞 「みつトマト」28歳若手トマト農家 3年連続受賞 ~優良農業者向けイベント「N-1サミット2014」において発表~

TPP(環太平洋経済連携協定)の議論と共に、日本を支える産業としての「農業」が注目されている中、3月14日に開催された「N-1サミット2014」において、全国1000軒以上のカリスマ農家の中から最も多くの消費者に感動を与えた農家さんを表彰する「農家(ノーカー)・オブザイヤー2013-2014」の発表・表彰式が行われました。



TPP(環太平洋経済連携協定)の議論と共に、日本を支える産業としての「農業」が注目されている中、3月14日に開催された「N-1サミット2014」において、全国1000軒以上のカリスマ農家の中から最も多くの消費者に感動を与えた農家さんを表彰する「農家(ノーカー)・オブザイヤー2013-2014」の発表・表彰式が行われました。

10回目の節目となる今年は、47名のノミネート者の中から、「たつやのにんじん」をつくる「まゆみ農園」の真弓一保(まゆみ かずほ)さん(熊本県菊池郡)が初めて最高金賞に選ばれました。「たつやのにんじん」は、にんじん独特のにおいが少なく、甘みとジューシーさが特徴で、にんじん嫌いの子どもたちをも魅了しました。収穫した後に急速冷蔵でおいしさを維持するという独自の出荷システム、阿蘇の水や農薬を使わないこだわりの土作りがおいしさの秘訣です。初めてのノミネートで、初めての最高金賞受賞となりました。

また、「みつトマト」を作る28歳の伊原努さん(千葉県香取市)は、一昨年の金賞、昨年の銀賞に輝き、今年も銀賞となり、3年連続の入賞を果たしました。毎年お客様の期待に応える付加価値の高い商品を生み出し続けています。


「農家・オブザイヤー」は、消費者の「おいしい」という声を評価基準に生産農家の方々を表彰する賞で、経営や農業技術などの観点から受賞を決定する既存の賞とは異なった独自の賞です。今年は、最高金賞、銀賞、銅賞の他に、日本の今後の農業を担う人を奨励する視点で次の4つの部門を設けています。

・「若手部門」 35歳以下または就農10年以内の次世代の農業を支える人材、
・「香港部門」 海を越え、海外のお客様を魅了
・「ニューフェイス部門」 チャレンジ精神で、新商品を登場させ新たな感動を届けた
・「リバベジ部門」 手間のかかる伝統野菜(リバイバル・ベジタブル)を作り続け、日本の豊かな食に貢献

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング