初来日のCMOアレックス・デールおよび代表取締役 枝廣憲が登壇! King 「東京ゲームショウ2014」事後レポート

PR TIMES / 2014年9月19日 18時15分



東京、2014年9月19日: カジュアルエンターテインメントカンパニーとして業界をリードし、世界中で人気の「キャンディ ークラッシュ」や「ファームヒーロー」を手がけるキング・デジタル・エンターテインメント(NYSE: KING、以降King)は、東 京ゲームショウ2014に参加し、初来日となるKing CMOアレックス・デールおよびKing Japan代表取締役 枝廣憲が TGSフォーラム2014に登壇いたしました。また、同2名は18日(木)にはスマホ広告事業を展開するCyberZ社のブースにて、それぞれパネルディスカッションを実施いたしました。

【TGSフォーラム2014】
■基調講演【第1部】 「多角化するゲームプラットフォーム× グローバル化するゲーム= 成功の道筋」
King CMO アレックス・デール 他5名

TGSフォーラム2014最初のプログラムである「基調講演【第1部】」には海外から唯一の登壇者として、King CMOアレックス・デールが登場しました。海外から見た日本のゲーム市場に関するコメント等、外国人スピーカーならではの視点で、今後拡大が予想されるスマホゲーム業界への意見を述べました。グローバルで勝ち抜くための施策として、必要に応じて現地企業と提携したマーケティングやKing Japanのように支社を設立してのダイレクトなマーケティング等、各国の現状にあわせたマーケティング施策を紹介いたしました。また、会場では「キャンディークラッシュをご存知の方?」や「一週間以内にキャンディークラッシュをプレイした方?」といった質問がモデレーターの浅見氏より会場のオーディエンスへ投げかけられ、多くの方にキャンディークラッシュが支持されていることを受けアレックスも嬉しそうな表情を見せました。 また、今後の展望に関しては、同日(18日)に日本リリースした新作ゲーム 「ペットレスキュー」の紹介に加え、「今後もユーザーの皆様に良いゲームを提供し続けたい」とコメントを述べました。

■専門セッション A.専門スマートフォンゲームセッション 「グローバルで打ち勝つゲームアプリの育て方」
King Japan 代表取締役 枝廣憲 他2名

9月19日(金)に実施された専門セッションでは、グリーの取締役執行役員 荒木英士氏、 NHN PlayArtの執行役員 馬場 一明氏と共に代表取締役枝廣が登壇し、グローバル 化が進むスマホゲーム市場の現状と課題についてのプレゼンテーションが行われました。各社、グローバル展開でのゲーム開発やマネージメント、またクオリティ管理など それぞれ異なる話しをする中、枝廣はKing Japanのマーケティングの視点を中心にグ ローバルコンテンツの日本市場での展開について語りました。また、「2015年はカジュアルエンターテイメント市場を盛り上げ、世の中にもっと『楽しい』を提供し続けていきたい。」と、今後の展望について述べセッションを締めくくりました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング