インフォテリア、法人向けタブレット導入コンサルティングサービスを開始

PR TIMES / 2014年8月28日 11時52分

~経験豊富なスタッフが、導入支援から導入後のタブレット運用までトータルサポート~

 インフォテリア株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:平野洋一郎、証券コード:3853、以下、インフォテリア)は、法人向けタブレット導入コンサルティングサービスを、9月1日より開始することを発表しました。本サービスは、タブレットの法人利用を検討または管理・運用に課題を持つお客様に対して、インフォテリアの経験豊富なコンサルタントがタブレットの導入支援から導入後の定着化までを支援するプログラムです。インフォテリアは、このタブレット導入コンサルティングサービスの展開を通じて、モバイル向けコンテンツ管理(MCM)システム市場において市場シェアNo.1※1を獲得している「Handbook(ハンドブック)」の導入をさらに加速していきます。当社は、本サービスを500万円(最低契約期間:4ヵ月間)より提供します。



 Handbookは、現在までに700社を超える企業に導入されています。インフォテリアは、これら多くの企業へのHandbook導入の経験と実績、またユーザ企業における実業務・実ビジネスでの利用事例などの当社独自の知見を集約することで、お客様ごとに異なる多種多様なビジネスニーズに適応したタブレット導入、最適な利用シナリオを具体的に提案します。
 本サービスでは、お客様の運用ポリシーに沿って、ご提案内容に合わせた構成プロファイルを構築し、タブレットのキッティングなど、導入時に関する支援サービスを提供します。さらに、管理者向け・ユーザ向け導入促進・利用促進のための勉強会などを行い、導入後のタブレット展開に関する支援サービスを提供します。

■ Handbook導入コンサルティングのフェーズ別内容について

1.導入検討フェーズ:タブレット活用の事例紹介、タブレット・サービスの利用選定支援など
2.導入準備フェーズ:パイロット計画の立案支援・計画実行支援など
3.導入・導入後フェーズ:パイロット計画のレビュー、導入後の活用計画立案など

■「Handbook」について
 Handbookは、モバイルデバイス向け文書管理市場でシェア第 1位※1を獲得しているサービスで、文書や表計算、プレゼンテーションから画像や音声、動画までのあらゆる電子ファイルをクラウドに保存し、タブレット端末で持ち運んで、指先でめくって表示できるようにするソフトウェアです。一般的なクラウド・ストレージ・サービスやタブレット向けのビューアー・アプリケーションと異なり、閲覧者ごとの配信設定や端末紛失時の情報の漏えいを防ぐための機能、あるいはネットワークに接続できない場所でもファイルを予めダウンロードしておけば表示できる機能など、タブレットをビジネスで活用する 上で必要とされる機能が搭載されているのが特長です。
→ Webサイト http://handbook.jp/

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング