平成26年度第1回CFP(R)資格審査試験 最年少となる18歳での合格者が誕生! ~飯岡利奈さん 慶應義塾大学1年在学中~

PR TIMES / 2014年8月1日 10時19分

特定非営利活動法人(NPO法人)日本ファイナンシャル・プランナーズ協会(略称:日本FP協会 理事長 白根壽晴)は、平成26年度第1回CFP(R)資格審査試験を実施し、最年少となる18歳での合格者が誕生しました。

合格者は、慶應義塾大学1年在学中の飯岡利奈さんです。飯岡さんは、アメリカ在住経験をもち、「CFP(R)資格は、アメリカにおいて大変社会的信頼のある資格で、世界で活躍できるようになるために日本人として必須の教養、経済知識を身に付けたい」という思いから受験され、今回見事に全6課目一括合格されました(平成25年11月に実施した前回試験から20歳未満の方も受験可能となりました)。

※飯岡さんへのインタビュー(受験の動機や合格までの道のりなど)の詳細は下記をご覧ください。

本試験は、平成26年6月8日・15日の両日、全国14地区で実施し、485名が試験課目全6課目に合格しました(合格者の平均年齢は43.9歳)。受験者総数は5,770名、受験者総数に対する全課目の合格者の輩出率は8.4%でした。今後、合格者はCFP(R)エントリー研修を修了し、かつ3年の実務経験要件を満たしたうえで、登録手続きをするとCFP(R)資格の認定を受けることができます。

<世界が認めるFPの頂点 CFP(R)資格>
CFP(R)資格は、北米、アジア、ヨーロッパ、オセアニアなど世界24カ国・地域(平成26年7月現在)で認められた世界水準のファイナンシャル・プランニング・サービスを提供できる、プロフェッショナルであることを証明する資格です。世界で153,376名(平成25年12月末現在)のCFP(R)認定者が登録されております。

近年では金融機関をはじめ様々な業態でCFP(R)資格への評価がいっそう高まっており、就職・転職等においても、注目を集めている有用な資格のひとつです。高い評価を得ている背景は、本資格が「4E(教育=Education、試験=Examination、経験=Experience、倫理=Ethics)」に基づく要件を備えた世界共通水準のプロフェッショナル資格であり、高度な知識と経験はもとより、厳格な倫理観を持ち合わせ、顧客に対し適切なアドバイスができるファイナンシャル・プランナーに与えられる資格であるからと考えられます。

<理事長/白根壽晴のコメント>
実務経験のある社会人でも着実に1課目ずつ合格することが難しいなか、18歳の若さで全6課目を1回で合格されたことを、心よりお祝い申し上げます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング