インテックの広域仮想クラウドサービス(EINS WAVE)の一部としてIBMのクラウドサービス(SoftLayer)を活用

PR TIMES / 2014年11月11日 15時40分

~グローバル規模でのマルチクラウド環境を提供~

 ITホールディングスグループの株式会社インテック(本社:富山県富山市、代表取締役社長:滝澤光樹、
以下インテック)は、広域仮想クラウドサービス(EINS WAVE「アインス ウェーブ」)の一部として、
日本アイ・ビー・エム株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長執行役員:マーティン・イェッター、
以下IBM)が提供するクラウドサービス(SoftLayer)を活用し、エンタープライズ向けの広域仮想クラウド
サービスをグローバル規模に展開していくことを発表いたします。



 昨今、クラウドファーストの流れが加速しており、法人のクラウド利用ポリシーもお試し
利用から本格利用へと移り変わってきています。一方でクラウド提供ベンダーも急速に
増えており、そのサービス内容もインフラレイヤーのIaaSからPaaS、SaaSの提供へとより
複雑化しています。また、国内企業システムの事業展開地域もグローバル化への拡大が
急速に進んでいます。
 このような目まぐるしい環境変化の状況の中、国内3地域の高機能データセンターで
運用するEINS WAVEのIaaSサービス(EINS/SPS「アインス エスピーエス」)と、IBMが
全世界で展開するグローバルクラウド(SoftLayer)の連携によりマルチクラウド環境を
実現することで、当社による統合的なクラウドサービスをワンストップで提供します。
単純なシステム連携に留まらず、SIerとしてのシステム運用ノウハウを付加価値として
提供し、クラウド全体のトータルソリューションをグローバル規模で展開してまいります。
 これにより、お客さまのクラウド環境の多様な利用ニーズにお応えしていくとともに、
今後もお客さまがご自身の担当業務に集中できるよう、さらなるEINS WAVEの発展を図り、
マルチクラウド環境のサービス拡充を順次推進していきます。

 ITホールディングスグループでは、同時にTISでも「SoftLayer」をサービスメニューに
加えており、お客さまがニーズに合わせた最適なクラウドサービスを選択できる環境の充実を、
グループで推し進めていきます。


【日本アイ・ビー・エム株式会社
 執行役員 GTS事業本部 クラウド事業統括担当 小池 裕幸様のコメント】

「日本アイ・ ビー・エム株式会社は、株式会社インテックによる『EINS WAVE』
におけるSoftLayerの活用を歓迎いた します。SoftLayerはEINS WAVEと統合的に利用される
ことで、真に顧客の為のハイブリッ ド・クラウド環境が実現されることを期待します。」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング