Nine Gallery企画展 福田健太郎 写真展「泉の森」

PR TIMES / 2019年8月27日 11時40分

2019年9月24日(火)~ 10月6日(日)(月曜休廊)

◆新しい生命を吹き込む。福田健太郎写真展「泉の森」




[画像1: https://prtimes.jp/i/42876/9/resize/d42876-9-355093-3.jpg ]



-水の循環を辿ることで、生命の豊かさが見えてくる。
雨は森を潤し、森からの栄養素を多く含んだ水は川となって、やがて海へと注がれ、豊かな海の生命を育む-

2012年に富士フイルムフォトサロンで開催された写真展「泉の森」から7年。
写真家福田健太郎が、自然とそこに生きる命の姿を約15年の歳月をかけて見つめた作品を、同名写真集のアートディレクションを手がけた三村漢が主宰のNine Galleryで再構築のうえ展示。
三村が尊敬して止まない写真家、福田健太郎と再びタッグを組み、7年の時を経て新たな生命を吹き込む。展示作品は全て販売、会場では同名の写真集も販売予定。

【開催概要】
作者:福田健太郎
展示タイトル:「泉の森」
写真展会期:2019年9月24日(火)~ 10月6日(日)(月曜休廊)
時間:10:00~19:00(最終日17時まで)
入場:無料
会場:Nine Gallery 東京都港区北青山2-10-22 (谷・荒井ビル1F)
(銀座線 外苑前駅より徒歩3分) https://ninegallery.com

【ギャラリートーク】
9月27日(金)18:00 (トーク終了後20時半までナイトギャラリー)
9月28日(土)16:00
9月29日(日)16:00
10月 4 日(金)18:00(トーク終了後20時半までナイトギャラリー)
10月 5 日(土)16:00

【作家プロフィール】
福田 健太郎(ふくだ けんたろう/Kentaro Fukuda)
1973年、埼玉県川口市生まれ。幼少期から自然に惹かれ、18歳のとき写真家を志す。写真家 竹内敏信氏のアシスタントに従事した後、フリーランスの写真家として活動を開始。日本を主なフィールドに、生命に溢れる自然や風景の姿を追い続けている。写真集に「泉の森」、「春恋し-桜巡る旅-」など著書多数。

■写真展歴
2019.3.22-28 「平成 桜 福島」オリンパスギャラリー大阪
2019.3.8-13 「平成 桜 福島」オリンパスギャラリー東京
2018.12.8-12.20 「彷徨 2017|2018」ソニーストア札幌ギャラリー
2017.5.13-5.26 「流転」ソニーストア名古屋ギャラリー
2016.8.27-9.11 FIVEGRAPHY 「Sign」eggs/東京銀座
2015.4.2-30「春恋し −桜巡る旅−」ソニーイメージングギャラリー 銀座
2014.7.5-13「泉の森」アートギャラリージャッド/熊本
2014.7.2-29「然」アートスペース丸の内・快晴堂フォトサロン
2014.4.1-5.31「泉の森」ギャラリーおおきた/香川
2013.7.19-25「泉の森」 富士フイルムフォトサロン名古屋
2013.7.5-11「泉の森」富士フイルムフォトサロン大阪
2012.11.15-21「泉の森」フォトギャラリーキタムラ
2012.10.12-18「泉の森」富士フイルムフォトサロン 東京

[画像2: https://prtimes.jp/i/42876/9/resize/d42876-9-668303-1.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/42876/9/resize/d42876-9-435589-2.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/42876/9/resize/d42876-9-747846-0.jpg ]

[画像5: https://prtimes.jp/i/42876/9/resize/d42876-9-887000-4.jpg ]


※(c)Kentaro Fukuda

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング