クラウド型メール共有・管理システム「メールディーラー」Ver.13.2をリリース

PR TIMES / 2021年1月13日 12時45分

中小企業の業務効率化に貢献するクラウドサービスを提供する株式会社ラクス(本社:東京都渋谷区、代表取締役:中村崇則)は、自社で開発・販売している11年連続売上金額シェアNo.1(※1)のメール共有・管理システム「メールディーラー」Ver.13.2をリリースしましたのでお知らせいたします。

「メールディーラー」Ver.13.2では、問い合わせ対応のさらなる効率化を実現すべく、株式会社リンク(本社:東京都港区)が提供するクラウド型CTI/コールセンターシステム「BIZTEL(ビズテル)」との連携が可能になります。その他にも、情報漏えい対策を強化しており、添付ファイルの中身の確認の必須化を選択できるようになりました(情報漏えい対策オプション)。また、送信予約機能の追加、シングルサインオン機能により利用者の利便性向上を実現しています。



バージョン13.2で強化された機能
クラウド型CTIシステム「BIZTEL(ビズテル)」との連携開始

問い合わせをするお客様側は、電話・メール・SNSなど問い合わせチャネルが増えていることで便利になっている反面、コールセンターのスタッフは複数の窓口を管理する必要があり対応業務が複雑化しています。窓口ごとに担当者を分けている場合も、別チャネルの対応履歴を検索する手間がかかりお客様を待たせてしまうなど、対応品質の低下をもたらす原因になっていました。今回のシステム連携により、「メールディーラー」と「BIZTEL」を併用するユーザーは、チャネルを横断した履歴を手間なく短時間で確認できます。また、お客様を待たせずに一貫した案内が可能になるので、高品質な顧客対応を実現することが可能になります。


[画像1: https://prtimes.jp/i/53848/9/resize/d53848-9-661912-0.png ]

ユーザーがお客様から電話で問い合わせを受けた際、「メールディーラー」に登録されている顧客情報へアクセスできるポップアップが自動で表示されます。ワンクリックで電話以外の対応履歴を確認することができるので、電話対応時に別のシステムを立ち上げる手間が省かれます。これにより従来よりも簡単に過去の対応履歴を参照しながら電話対応をすることが可能になります。

情報漏えい対策オプションの機能強化
情報漏えい対策オプションでは、メール誤送信による重大なセキュリティインシデントを引き起こす可能性を低減するため、「送信完了から一定時間、送信キャンセルが可能」「宛先、添付ファイルをチェック後でないと送信不可」などの機能があります。今回のバージョンアップでは、一層の強化のため、メール送信時の添付ファイルの中身確認を「任意」「必須」から選択することができるようになります。「必須」に設定することで、添付ファイルの中身を確認しないと送信チェックができなくなり、より添付ファイルの送付ミスを防ぐことが可能になります。
[画像2: https://prtimes.jp/i/53848/9/resize/d53848-9-694670-1.png ]


送信予約機能の追加
メール送信時に、送信日時の指定が可能になります。これにより、営業時間外にメールを送る必要がある際に勤務時間内に設定を完了させることができます。例えば、ECサイトのキャンペーン、タイムセールを知らせるメールをタイミングよく送付することが、該当時間にその場で作業をしなくても可能になります。
[画像3: https://prtimes.jp/i/53848/9/resize/d53848-9-879021-2.png ]


シングルサインオン機能
SAML2.0に準拠したIIJ ID・Cloud Gate UNOなどのシングルサインオン機能に対応します。 これにより、セキュリティを担保しつつログインの手間やパスワード忘れのリスクを減らすことができます。

「メールディーラー」について
「メールディーラー」はメール対応の業務効率を上げるクラウド型のメール共有・管理システムです。2001年の提供開始以来、「迅速で丁寧な顧客対応ができる体制を整えたい」「チーム内の情報共有をラクにしたい」「リモートワーク、在宅勤務をスムーズに行いたい」といった目的で、業種業態問わず、累計6,000社を超える企業様にご利用いただいてきました。
年々、問い合わせ窓口のチャネルが多様化する中で、「メールディーラー」では、メールや電話の管理はもちろんのこと、チャット、LINE公式アカウント、さらにYahoo!ショッピングなどのECモールからの問い合わせの一元管理ができるよう機能開発してまいりました。今後も、導入企業様からのご要望をもとに新機能を追加してまいります。
近年はカスタマーサポート部門だけでなく、営業部門や経理・総務といったバックオフィスでもメール管理・対応ツールとしてご活用いただいております。ネット環境さえあればどこからでもメールチェックや返信ができ、チームの対応状況が可視化される「メールディーラー」なら、リモートワークでも情報共有が簡単に行えます。今後も、より一層お客様にご満足いただけるサービスをご提供させていただけるよう一同、尽力してまいります。
※サービスサイト
https://www.maildealer.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング