イベントの一元管理プラットフォーム「eventos(イベントス)」を運営するbravesoftが、ベネッセ、ディップなどからシリーズBラウンド総額約4億円の資金調達を実施

PR TIMES / 2020年3月26日 11時15分

イベント業界の更なる盛り上がりを実現するためのNo.1イベントプラットフォームの構築を本格始動

600万以上のDL数を誇る「ボケて」や「TVer」など800件以上のアプリ開発の実績と月額10万円でイベントの申込管理やライブ配信、公式アプリ構築など一元管理を支援するプラットフォーム「eventos」を展開するbravesoft株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:菅澤英司)は、株式会社ベネッセホールディングス、ディップ株式会社、他複数の事業会社を引受先とした第三者割当増資と金融機関からのデットファイナンスを合わせ、総額約4.0億円の資金調達を実施いたしました。



■ bravesoft(ブレイブソフト)とは

[画像1: https://prtimes.jp/i/54681/9/resize/d54681-9-346682-2.png ]

スマートフォン黎明期からアプリの開発を行い「ボケて」「TVer」「首相官邸」「31アイスクリーム」など、これまでに800件以上・累計1億ダウンロードを超える実績を誇るテック企業です。今後は、WEB×アプリでイベントを一元管理できるプラットフォーム「eventos」を展開。最新のテクノロジーを活用して、イベント体験に革命を起こすeventech(イベンテック)の実現を目指しています。


■ eventos(イベントス)とは
「eventos」( https://eventos.tokyo/)はイベント主催者の運営負荷を軽減し、参加者の体験を革新する各種テクノロジーを提供するイベントのOSとなるプラットフォームです。
[画像2: https://prtimes.jp/i/54681/9/resize/d54681-9-320054-0.jpg ]


<特徴>
初期費用30万円・月額10万円のライセンス使用料だけで、イベントの参加申込から受付管理、ガイドやアンケートなど様々な機能を活用頂けます。WEBと公式アプリ構築を提供しており、プログラミングの知識不要で管理画面(webページ)からブログ感覚で情報更新が可能です。

<機能>
「チケット・来場申込」「情報収集」「マッチング」など、イベント前に使える機能から、「スケジュール」「ガイドマップ」「待ち時間」のような、イベント当日のストレスを軽減する機能、「スタンプラリー」「リアルタイムアンケート」など、イベントを盛り上げる機能、イベント後の「アンケート」「分析」など、次回のイベントをより良くするための機能を備えています。また、昨今話題のライブ配信でオンラインイベントを開催することも可能です。

参考)eventosの機能一覧
[画像3: https://prtimes.jp/i/54681/9/resize/d54681-9-894469-1.png ]


<実績>
世界3大ゲームイベント「東京ゲームショウ」や「東京モーターショー」。アジア最大規模の福祉機器・用品の展示会「HCR(国際福祉機器展」、アジア最大のコーヒーイベント「SCAJ」、日本各地で毎週開催されるミニ四駆大会「TAMIYAパスポート」など、大規模イベントから企業のプライベートショーまで、多岐に渡るイベントの公式アプリとして、これまでに100を超えるイベント・累計100万人以上のユーザーに利用されています。


■ eventosで新型コロナウィルスの影響による、イベント開催自粛からイベントを救う
今回の新型コロナウイルスの影響で、「オフラインイベント」は次々に中止・延期されてきましたが、対面式でのイベント開催が難しいのであれば、「eventos」の「Live!配信」機能を導入する事で、実際のライブやセミナーなどをリアルタイムで配信する「オンラインイベント」の実施が可能となります。
また、「オフラインイベント」ではなし得なかったリアルタイムでのチャット機能なども同時実装する事で、これまでに無いイベントの価値観を提供し、より新たな形のセミナー、展示会、ライブイベントなどの開催をする事が可能となります。これにより、イベントの強行実施でも、中止・自粛でもない、第3の選択肢を提供できます。


■ 資金調達の目的と引受先
「eventos」は、2018年のリニューアル以降「eventos ROAD to 2021」というロードマップを策定し、イベント開催者の負荷を軽減し、参加者の満足度を向上させる機能開発を進めてきました。今回調達した資金で、「無料版」「キャッシュレス対応」「整理券」「高度な分析」「グローバル対応」など、ニーズが大きい機能の開発を行い、すべてのイベントをもっと便利に楽しくするNo.1イベントプラットフォームを目指していきます。


(第三者割当増資引受先)
株式会社ベネッセホールディングス(所在地:岡山県岡山市北区、代表取締役社長 安達 保)
株式会社バリューデザイン(所在地:東京都中央区、代表取締役 尾上徹)
ディップ株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役 冨田 英揮)
株式会社コングレ(所在地:大阪府大阪市中央区、代表取締役社長 武内 紀子)
朝日メディアラボベンチャーズ(所在地:東京都中央区、代表取締役 野澤 博)
株式会社IWAI(所在地:東京都品川区、代表取締役 三枝 孝臣)
※敬称略


■ 会社概要
商号:bravesoft株式会社
代表者:代表取締役 菅澤 英司
所在地:〒108-0014 東京都港区芝四丁目13番2号
設立:2005年4月4日
事業内容:イベンテック、体験アプリ開発
資本金:2億5,000万円(資本準備金含む)
URL: https://www.bravesoft.co.jp/

■ 本件に関するお問い合わせ
担当:広報戦略本部 高瀬 将臣
TEL:03-6809-6030
FAX:03-5443-5324
Mail:m.takase@bravesoft.co.jp

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング