シフトプラス、【自治体専用】LGWAN-ASP LGWAN対応の官公庁/地方自治体用ビジネスチャット「LGTalk<エルジートーク>」を公開

PR TIMES / 2021年1月6日 13時45分

官公庁/地方自治体向けのLGWAN対応自治体用ビジネスチャット「LGTalk<エルジートーク>」を自社開発し、リリースしました。

この度、シフトプラス株式会社(代表取締役:中尾 裕也、大阪市西区江戸堀2-1-1 江戸堀センタービル 8F)は、官公庁/地方自治体の働き方を大きく変革する可能性を秘めたLGWAN対応自治体用ビジネスチャット「LGTalk<エルジートーク>」を開発し、リリースしました。2021年4月より本格的に自治体へ提供開始します。



[画像1: https://prtimes.jp/i/56138/9/resize/d56138-9-908077-3.png ]


■ 背景と私たちの想い

人口減少が続き、職員数、予算が減少の一途をたどる中、官公庁/地方自治体がやるべき業務はますます増えていきます。自治体の職員様には、より専門的な業務に注力してもらうため、より効率的に業務を遂行する必要があります。働き方改革が推進される中、働き方の多様化も進んできており、より一層システムを介したチャットによるコミュニケーションの重要性が高まっています。民間では複数の選択肢からチャットツールを選択できますが、自治体の業務環境、LGWAN環境で利用可能なチャットツールは私たちが構想した2018年の段階ではまだありませんでした。そこで、まずは普段ご利用になっている庁内のLGWAN系PCでご利用になれるチャットを、と想い開発に着手しました。

■ 「LGTalk<エルジートーク>」とは

[画像2: https://prtimes.jp/i/56138/9/resize/d56138-9-687323-2.png ]


LGWAN-ASP登録団体である弊社だからこそ提供できる、LGWAN環境でご利用になることができるビジネスチャットツールです。一般的な民間のビジネスチャットと同様、トークルーム内で複数人同時チャットなど、基本機能は網羅。シフトプラス株式会社の特徴の一つである、無償の機能追加とスピード感でどんどんアップデートをしていきます。

■ なぜチャットが必要なのか

働き方改革が進む中、働き方の多様化が進んでいます。その中で発生したコロナの影響もあり、自治体でも庁外で勤務する職員も出てきており、LGWANとインターネットをシームレスにつなぐコミュニケーションツールが今求められています。

ー個人用SNSを使う

プライベートツールはそもそも組織で使うことを前提にしていない他、公私の切り分けができなくなります。また、セキュリティ的にも誤送信などの危険性があります。

ー電話

言った・言わないや、メモが不十分で内容が曖昧になるなどの問題があります。また、相手の都合を考えないコミュニケーションツールのため、不在時のメモや集中している際の割り込みなど、業務効率が非常に悪くなります。

ーEメール

挨拶文、同報などを設定する必要があるなど、1通1通に時間コストがかかり業務効率が悪くなります。

LGTalkは、自治体向けビジネスチャットツールです。行政のネットワーク環境「総合行政ネットワーク(LGWAN)」とインターネットで使える自治体向けビジネスチャットです。LGWANでは庁内や他の自治体職員と、インターネットでは外出先の職員や業者などとトークできます。電話・Eメール・紙のメモ・対面などの旧来の方法をLGTalkに置き換えることで職員の生産性向上・情報共有/意思決定の迅速化・ペーパーレスなど、現在の自治体が抱える問題の解決に寄与します。

■基本機能
グループチャット
トークルームを作成して複数人でチャット可能
個人チャット
個人と1対1でチャット可能
マイルーム
自分専用のトークルームでメモやタスク管理が可能
ファイル共有
ドラッグ&ドロップで簡単に各種ファイルの共有が可能
共有ストレージ
1ユーザー換算で約500MBの共有ストレージを提供
通知
ルーム単位で未読メッセージ件数を判別可能
検索
メッセージ検索のほか、参加可能なルームの検索が可能
メッセージ絵文字
メッセージに絵文字が利用可能
メッセージリンク
メッセージに別のメッセージの場所へ移動できるリンクを作成可能
メッセージ引用
メッセージに別のメッセージの引用を作成可能
Wiki
ルームごとに、常に表示しておきたい全体タスクや手順などを記載可能なWiki(メモ)を作成可能
後で見る
特定のメッセージを後で見るためのブックマークを作成可能

その他便利な機能も多数あります。シフトプラス株式会社では、これまでも自治体様のご要望を無償で迅速にシステムへ反映させるため、自社開発にこだわってシステムを提供してきています。LGTalkももっと便利にするために機能を充実させていきます。

★今後の開発スケジュール



~2021年3月末 スマホブラウザに対応予定
~2021年5月末 インターネットログイン2段階認証対応予定
~2021年度 iOS / Android アプリ対応予定



■ 標準利用料

月額費用:300円/アカウント
※ボリュームディスカウント、ほかご相談のります。お気軽にご連絡ください。

◆無償デモも提供開始

LGTalkは無償で、実際に試して頂けるデモ環境を用意しております。シフトプラス株式会社による自社開発(LGTalkはOEMやフリープログラムの改修版ではありません)で、今後も無償で次々と機能が追加されるLGTalkをぜひ一度お試しください。

https://lgsta.jp/lgtalk/

■ 本リリース・システムのお問い合わせ

本リリース・システムのお問い合わせは、弊社担当営業、またはシフトプラス大阪本社(06−6441−1155:担当 杉谷)までご連絡ください。

シフトプラス株式会社では、自治体の皆様が安心して業務を継続できるよう、これまでの経験・ノウハウを活用し、社会に貢献したいと考えております。

- シフトプラス株式会社について -----
シフトプラス株式会社は、2006年12月に大阪市西区に設立され、Webシステムの提案・設計・構築・保守、および地方自治体向けシステム開発コンサルティング、業務委託サービスを行っております。本社を大阪市西区に置くほか、日本国内11カ所に営業所を置いています。「ふるさと納税」管理システム LedgHOME<レジホーム>の自社開発とそれに関連する業務を行っており、北海道から九州まで300以上の自治体が導入(2020年9月末時点)しており、日本全国の寄附額の約50%を管理しています。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング