1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

TmaxSoft社が「AWS メインフレーム移行テクノロジーパートナー」を取得

PR TIMES / 2021年9月10日 15時15分

~日本企業におけるレガシーIT資産のクラウド移行をさらにサポート!~

日本ティーマックスソフトは、親会社の韓国TmaxSoft社のグローバル本社(米イリノイ州シカゴ)が、「メインフレームのリホスティングソリューションやRDBMSなど、ミドルウェアを提供するグローバルソフトウェア企業」として、「AWS移行コンピテンシーカテゴリ」での「AWSメインフレーム 移行テクノロジーパートナー」を取得したことを発表しました。
TmaxSoft社は、レガシーメインフレームアプリケーションとデータをオープンシステム環境にすばやく移行するソリューション「OpenFrame」によるメインフレームの移行をサポートし、これにより、ユーザーはモノリシックなメインフレームを捨て、拡張性の向上、ITの透明性と柔軟性の向上、データアクセシビリティの向上を実現し、コストの大幅な削減を可能にする多層クラウド対応アーキテクチャに移行することが可能です。
今回のAWSメインフレーム移行テクノロジーパートナーの取得により、日本ティーマックスソフトが日本の企業や自治体、官公庁など、メインフレームからのマイグレーション(移行)を担う環境がより整ってまいりました。


リホスト・ソリューション、リアーキテクチャ・ソリューションや各種ミドルウェア等のプロバイダである日本ティ―マックスソフト株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:羅 鍾弼(ラ・ジョンピル)、以下日本ティーマックスソフト)は、親会社である韓国TmaxSoft社(以下TmaxSoft社)のグローバル本社(米イリノイ州シカゴ)が、「メインフレームのリホスティングソリューションやリレーショナルデータベース管理システム (RDBMS)など、ミドルウェアソリューションを提供するグローバルソフトウェア企業」として、「アマゾン ウェブ サービス(以下、AWS)移行コンピテンシーカテゴリ」において、「AWSメインフレーム 移行テクノロジーパートナー」を取得したことを発表しました。
日本市場では、日本ティーマックスソフトがTmaxSoft社のリホスト・ソリューション「OpenFrame7」やリアーキテクチャ・ソリューション「OpenFrame21」を提供し、アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社との連携を推進しております。今回のAWSメインフレーム移行テクノロジーパートナーを取得したことで、日本の企業や自治体、官公庁など、メインフレームからのマイグレーション(移行)を担う環境がより整ってまいりました。

AWSは、スタートアップ企業からグローバル企業に至るまで、拡張性があり柔軟かつコスト効率の高いソリューションを実現しています。これらのソリューションのシームレスな統合とデプロイをサポートするために、AWSはAWSコンピテンシープログラムを設立し、お客様が業界に深い経験と専門知識を持つ「AWSパートナー」を特定できるように支援しています。そして、「AWSメインフレーム移行コンピテンシーカテゴリ」では、実績のある技術とお客様の成功事例を持つAWSパートナー企業が、「AWSメインフレーム移行テクノロジーパートナー」として評価され、メインフレームアプリケーションとデータの両方をAWS環境に移行しています。

TmaxSoft社は、「OpenFrame」によるメインフレームの移行をサポートします。「OpenFrame」は、レガシーメインフレームアプリケーションとデータをオープンシステム環境にすばやく移行するための業界をリードするソリューションです。これにより、ユーザーはモノリシックなメインフレームを捨て、拡張性の向上、ITの透明性と柔軟性の向上、データアクセシビリティの向上を実現し、コストの大幅な削減を可能にする多層クラウド対応アーキテクチャに移行することができます。また、「OpenFrame」の利用により、年間総所有コストの60%※1を削減することが可能です。
※1)TmaxSoft社の実績による。

「OpenFrameは、Linux、Unix、Docker Containers、またはパブリッククラウド上で、レガシーメインフレームアプリケーションを移行するための最も確実なソリューションです。
TmaxSoft社は、AWS Marketplaceのデジタルカタログを通じて、世界中の2,000社以上の企業にサービスを提供しています。このデジタルカタログは、独立系ソフトウェアベンダーの何千ものソフトウェアリストを含むデジタルカタログで、AWSで実行されるソフトウェアの検索、テスト、購入、デプロイを簡単に行えます。

日本ティーマックスソフトの代表取締役で、TmaxSoft社のGlobal Product Business Unit Headでもある
羅 鍾弼(ラ・ジョンピル)は、次のように述べています。
「メインフレーム移行テクノロジーパートナーとして AWSに認められたことは光栄なことで、大変嬉しく思っています。私たちのお客様はすでに「OpenFrame」に精通されていますが、コスト高で制約の多いメインフレーム環境にお困りの日本の企業様をはじめとする世界中の企業様に当社のサービスを紹介することを楽しみにしています。」

◆TmaxSoft社について
TmaxSoft社は、クラウド、インフラストラクチャ、レガシーの近代化に焦点を当てたグローバルソフトウェア・イノベーターであり、エンタープライズCIO(最高情報責任者)がグローバルなIT大国をサポートし、競争上の優位性を高める実行可能なソリューションを提供します。TmaxSoftは1997年に韓国で設立され、現在では世界20の戦略センターに1,700人以上の従業員を擁しています。日本ティーマックスソフト株式会社はTmaxSoft社の日本法人です。TmaxSoft社の詳細については、下記URLをご覧ください。
https://www.tmaxsoft.com/

◆日本ティーマックスソフト株式会社について
日本ティーマックスソフト株式会社は韓国TmaxSoft社の日本法人として2000年に設立されました。韓国TmaxSoft社で開発されているTPモニター「Tmax」、Webアプリケーションサーバ「JEUS」、リホスト・ソリューション「Tmax OpenFrame」、リアーキテクチャ・ソリューション「OpenFrame21」及びデータベース「Tibero RDBMS」、高機能データ・統合ソリューション「ZetaData」など、ユーザシステムの中核を担うミドルウェアや各種ソリューションの販売及び技術サポート等を行っています。

<お問い合わせ先>
日本ティーマックスソフト株式会社 営業本部
TEL:03-5765-2554
E-mail:sales@tmaxsoft.co.jp
お問い合わせフォーム: https://www.tmaxsoft.co.jp/contact
ホームページ: https://www.tmaxsoft.co.jp/

※Tmax OpenFrame、Tmax、JEUSは、TmaxSoft Co. Ltd.の登録商標または商標です。
※Tibero RDBMS、ZetaDataは、TmaxData Co. Ltd.の登録商標または商標です。
※Amazon Web Services、AWSは、米国およびその他の諸国における、Amazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。
※記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング