1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

【7/24(土)10:00-11:00 無料オンラインセミナー実施!】米国シアトルの英語講師養成校と協業したギャビーアカデミーが、脳科学アプローチで英語発音を習得する無料オンラインセミナーを開講します

PR TIMES / 2021年7月3日 13時29分

~リピート・アフター・ミーでは外国語の音を正しく再現できない私たちの脳。米国国務省、ハーバード大学、イェール大学等で採用されるColor Vowel Chartで正しい英語発音を習得してみませんか?~

株式会社ギャビーアカデミー(本社:東京都千代田区、代表取締役:ホール奈穂子)は、English Language Training Solutions(本社:米国ワシントンD.C.、以下ELTS)と協業した脳科学アプローチで英語発音を習得するオンラインコース「Gabby-CVC発音習得コース」の開講に先駆け、7月24日(土)午前10時から無料セミナーを実施します。申し込みフォームはこちら( https://sgfm.jp/f/gabbyacademyseminar



[画像1: https://prtimes.jp/i/63571/9/resize/d63571-9-df529c8a2c69a25622ed-0.jpg ]


リピート・アフター・ミー形式では正しい発音を習得できない

日本語を母語とする英語学習者は日本語に存在しない英語子音(F, V, TH, R, Lなど)を習得する重要性は強く意識していることが多いのですが、英語母音の習得にはあまり注意を払わないのが特徴です。日本語の5種類に対して英語には16種類の母音があるので、本来であれば日本語にない音を聞き分け、練習し、習得する必要があるのですが、多くの人はそうしていません。

その理由は、言語脳科学的に人の脳(特に母語を習得完了している大人の脳)は、全く違う音であれば違う音として聞き分けることが可能なのですが、母語に類似する音は自動的に調整され、母語と同じ音として認識をしてしまう、というものです。

つまり、英会話教室等での一般的なListen and repeat after me.(私の言うことを聞いて、その通り言ってみてください)という手法で上手くいかないのは当然で、そもそも、その16種類の母音を聞き分けることができないので、その音を正しく発音することもできない、ということとなります。

ELTS社が開発し、特許を持つColor Vowel Chartとは?

ELTS社が開発し、特許を持つColor Vowel System(以下CVC)は、発音記号を利用せず、色、イメージ、リズム、動作を活用することで、母語に影響されることなく、正しい英語母音と英語独特のストレス、リズム、抑揚を習得できる画期的なシステムで、米国国務省、ハーバード大学、イェール大学、ジョージタウン大学などのトップ機関でも採用されています。
[画像2: https://prtimes.jp/i/63571/9/resize/d63571-9-46952f5b575ceb786102-1.png ]


CVCアプローチは、各単語の主音節、つまりストレスを置く音節を正しい母音で発音するスキルにフォーカスします。また、単語単位から文章単位で練習を展開していくので、正しい音に加えて、英語独特のリズム、抑揚を習得することができるので、他の英語話者に理解されやすい英語を話せるようになります。

無料セミナーを開講!

ELTS社とギャビーアカデミー社が共同開発したGabby-CVC発音習得コースの開講に先駆け、CVCアプローチでの正しい母音と英語特有のストレス、リズム、抑揚の習得法を紹介するオンラインセミナーに、先着30名様を無料でご招待します。

開催日:7月24日(土)午前10時から(60分)
参加費:無料
使用言語:英語と日本語。英語で話された部分の要所のみ日本語で解説予定です。
申込方法:申し込みフォームはこちら( https://sgfm.jp/f/gabbyacademyseminar
締切日:7月21日(水)午後5時まで

特典:無料セミナーに参加いただいた方から抽選で5名様にGabby-CVC発音習得コース(定価:22,000 円)を無料で受講できるクーポンを贈呈します。

セミナー講師

[画像3: https://prtimes.jp/i/63571/9/resize/d63571-9-ea4041a4f7bca1ff8398-2.jpg ]

Alyshia Wagstaff
Director of Curriculum Development & Coaching
Gabby Academy
[画像4: https://prtimes.jp/i/63571/9/resize/d63571-9-5c1af4886fd32a72e9f1-3.jpg ]

Nao Yuhki
Color Vowel Master Trainer

「話す英語」を脳科学的にトレーニングするメソッドGabby とは

[画像5: https://prtimes.jp/i/63571/9/resize/d63571-9-9a60a3181950d12afb4a-4.png ]

1.文生成力トレーニングで自然な文をリアルタイムで生成しながら発話する力を身につける
2.即応能力トレーニングで英語情報への脳の瞬発力を身につける
3.音韻能力トレーニングで相手に伝わる発話のリズムや抑揚を身につける

Gabbyでは、「英語を話すスキル」を「リアルタイムで自分の言いたいことを相手にわかる方法で伝えるスキル」であると定義しています。多くの日本人は、英語を言語として習得するプロセスを経ていないため、自分で英文を作る力(丸暗記ではない)、英語情報に対する反応速度、相手に伝わるための音や抑揚を身につけられていません。

GabbyのNLTは言語学者ノーム・チョムスキーが提唱してきた「普遍文法」を基礎に据えて設計されています。人が言葉を話すためには、たくさんの単語を同時につなげて文を生成するのではなく、正しく脳の文法中枢を働かせ、単語や句を一つひとつ付加させる文生成をする必要があり、それは母語のみではなく第二言語である英語にも共通するものだからです。トレーニングは制限された時間内でスピーディに反復するドリル練習を中心としており、文生成を行う文法中枢を活性化させるとともに、英語を発話するために必要な口や舌の筋肉を鍛えます。さらに、音韻能力トレーニングでは、一つ一つの英語独特の母音や子音の発音訓練にとどまらず、音節やストレス、抑揚を習得することを目的としています。これらのGabby NLTの3つのアプローチで、「リアルタイムで自分の言いたいことを相手にわかる方法で伝えるスキル」習得を目指しています。

[画像6: https://prtimes.jp/i/63571/9/resize/d63571-9-2f6f1e0441db2b703872-7.jpg ]

「話す英語」スキルの獲得までトレーニングをやり抜ける3つの仕組み

1.楽器の習得やスポーツの基礎練習のように、集中して反復するドリル方式でスキルを獲得
2.専用アプリを使ったドリルの単位は1分から。隙間時間を活用して圧倒的練習量を確保
3.有資格、英語ネイティブのハイクラスパーソナルコーチがトレーニング全期間を伴走

どんなトレーニングでも、成果を得るためには一定の時間を投資することは必須です。Gabbyは「リアルタイムで自分の言いたいことを相手にわかる方法で伝えるスキル」の習得達成までトレーニングを続けられる仕組みを備えています。専用アプリ(ウェブアプリ)は手元にあるどんな端末でもログインでき、達成感や競争心をくすぐる仕掛けが毎日の継続をサポートします。続けられる最大の理由は、トレーニング全期間をサポートするパーソナルコーチの存在。開始時に選んだパーソナルコーチが個別ライブセッションやメッセージを通してモチベーションの維持や弱点克服を支援します。パーソナルコーチは、ギャビーアカデミー 社のカナダ拠点でトレーニングされた、第二言語として英語を教授する資格(CELTA, DELTA, TESOL)を保有する英語ネイティブスピーカー講師から選ぶことができます。

Gabbyコーチの一例

[画像7: https://prtimes.jp/i/63571/9/resize/d63571-9-6c080bae71d97b5aa65c-5.jpg ]


Gabbyコーチチームは、英語ネイティブスピーカーであること、第二言語として英語を学ぶ人へ教える資格(英語教授資格の最高峰であるケンブリッジ大学認定CELTA・DELTA及びTESOL, TEFL等)を持つことを必須条件にコーチとして相応しい人柄の人材を選抜し、株式会社ギャビーアカデミーのカナダ法人で、コーチング理論を含むトレーニングを受けたコーチで構成されています。

トレーニング開始時に選んだパーソナルコーチはトレーニング全期間を通して、週に1回のマンツーマンオンラインセッションに加え、いつでもメッセージで交流できます。

株式会社ギャビーアカデミーについて

[画像8: https://prtimes.jp/i/63571/9/resize/d63571-9-354ca8ca9668a20d262d-6.jpg ]

株式会社ギャビーアカデミーは、言語脳科学に沿った英語のスピーキング技能向上のための体系的なトレーニング法(Neuro-Language Training)確立のため、東京大学大学院総合文化研究科 酒井邦嘉教授と共同研究を行っています。また、それをテクノロジーの力で時間と場所を問わず使えるツールとし、グローバルに活躍する日本人を支援することをミッションとしています。

カリキュラムやコンテンツは、カナダのバンクーバーに設置した姉妹会社Gabby Communications International Inc. において、CELTA, DELTA, TESOLなど、第二言語として英語を教授する専門資格を有する英語ネイティブスピーカーで構成されたチームで開発しています。また、同社に在籍するGabbyコーチ(全員有資格者、英語ネイティブスピーカー)は北米を中心に世界中に居住しているので、受講生の都合に合わせたスケジュールを組むことができます。

科学的な裏付けのあるメソッド、無制限にセルフ・トレーニングができることによる圧倒的なアウトプット量、質の高い講師を確保できることから、海外駐在の日本人ビジネスパーソンに選ばれている英語スピーキング習得トレーニングです。

【会社概要】
会社名: 株式会社ギャビーアカデミー
所在地: 東京都千代田区神田須田町2-25 GYB秋葉原2F
代表者: 代表取締役社長 ホール奈穂子
設立: 2020年2月28日
URL:  https://jp.gabbyacademy.com
事業内容: 英語スピーキング習得トレーニングGabby の開発・販売、法人等英語研修の企画・実施

【お客様からのお問い合わせ先】
株式会社ギャビーアカデミー
e-mail: info@gabbyacademy.com

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング