“トクホ”「ペプシ スペシャル」新TV-CM!!  織田裕二さんが贈る「選べない男」のラブストーリー

PR TIMES / 2012年11月9日 9時3分



― 「選べない男」篇を11月13日(火)からオンエア開始―
― 「脂肪に、キタキタッ! “トクホ”のペプシ」―

******************************************************

 サントリー食品インターナショナル(株)は、11月13 日(火)から新発売する
“脂肪の吸収を抑える”特定保健用食品のコーラ飲料「ペプシ スペシャル」の新TV-CMに、
俳優の織田裕二さんを起用し、同日から「選べない男」篇(15秒・30秒)を全国でオンエア
します。

■TV-CMについて
 11月13日(火)に新発売する“トクホ”「ペプシ スペシャル」のTV-CMに俳優の
織田裕二さんを起用します。今回のCMでは、「ピザ」と「ハンバーガー」のどちらを選ぶか
を決められない優柔不断な男性を、織田さんが演じます。織田さん・「ピザ」・「ハンバーガー」
の“三角関係”というコミカルなストーリー設定と今までの織田さんのイメージと異なるギャップ
のある演技に注目のCMです。
 
■CMストーリー
 とある公園のベンチ。「好きなんだ“ピザ枕”」とピザの着ぐるみを着た女性「ピザ子」の
“ひざ枕“でくつろぐ織田さん。その光景を、ハンバーガーの着ぐるみを着たもうひとりの女性
「バガ子」が木陰からじっと見つめています。気付いた織田さんはあわてて“ピザ枕”から起き
上がります。「バカッ!」と言って、その場から駆け出す「バガ子」。追おうとする織田さん。
それを引き留めようとする「ピザ子」。そんな状況に織田さんは困惑し、気まずい沈黙に包まれ
ます。
 現実に戻り、ピザとハンバーガーが並ぶ屋台を前にして、「選べない」「どっちも好きだ~!」
と叫んでしまう織田さん。最後は「脂肪に、キタキタッ!」「待ってました!」の織田さんの
セリフとともに、“トクホ”「ペプシ スペシャル」とピザ、ハンバーガーそれぞれを食べる
織田さんの姿で締めくくります。

■撮影エピソード
◇幸せそうに味わう織田さんの表情で1発OK!“トクホ”のペプシもお気に入りに!
 ピザとハンバーガーを食べるカットでは、カメラが回る前から、大好物を前にうきうきした
表情を浮かべ、すっかり役柄に入り込んでいた織田さん。嬉しそうにピザやハンバーガーに
かぶりつき、目を閉じてじっくり幸せそうに味わう織田さんの演技に、監督からは
「すばらしい!」と1発OKが出ました。また、“トクホ”「ペプシ スペシャル」を飲むシーン
では、「ゴクゴク!」と爽やかに飲んでいた姿が印象的。織田さんは、撮影の合間の食事の
際にも「『ペプシ スペシャル』ある?」とスタッフに尋ねて、すっかりお気に入りの様子
でした。

◇優柔不断な役に、「(俺って)どんなヤツだよ・・・」
 共演者とのリハーサルを繰り返したり、演技をモニターでチェックしたりと、随所に演技へ
のこだわりを見せる織田さん。しかし、ピザとハンバーガーに扮した二人の女性の間で揺れ
動くシーンのチェックの際には、さすがの織田さんも「(俺って)どんなヤツだよ・・・」と
苦笑いしながら一言。普段の硬派なイメージの織田さんと今回の役柄とのギャップに、
スタッフからも笑いがこぼれるほど和やかな雰囲気で撮影が進行しました。

■出演者プロフィール
◇織田裕二
 1987年、映画「湘南爆走族」に、出演者オーディション数万人の参加者の中から抜擢されて
デビュー。1991年、フジテレビドラマ「東京ラブストーリー」の永尾完治役で大ブレイクを
果たした。その後多数のドラマ、映画に出演。1997年の「踊る大捜査線」は、ドラマ放送終了
後、映画化された。劇場版1作目の「踊る大捜査線 THE MOVIE」は興行収入101億円、観客
動員数700万人を記録し、それに続く「踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖
せよ!』も、興行収入173.5億円、観客動員数1250万人と前作を大きく上回るばかりか実写邦画
歴代1位 (2012年現在)の記録を残し、自身の代表作となった。2012年9月、シリーズ
FINALが公開され大ヒットした。      
 歌手としても活躍し、1991年「歌えなかったラヴ・ソング」が最高位2位、57.5万枚を記録、
自身最大のヒット曲となった。その後も「現在、この瞬間から」「OVER THE TROUBLE」
「Love Somebody」などのヒット曲を発表している。

■CM概要
タイトル: 「ペプシ スペシャル」TV―CM 「選べない男」篇(15秒・30秒)
出演:    織田裕二 他
放映開始日: 2012年11月13日(火)
放送地域:  全国



企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング