雑誌編集長+書店員が選ぶ!「この一冊は凄かった」 第4回 BestMagazineAward 「雑誌大賞」 受賞雑誌発表!

PR TIMES / 2012年9月26日 15時21分



9月25日(火)に第4回 BestMagazineAward「雑誌大賞」各賞の受賞誌発表および贈賞式が行われました。
雑誌大賞は、雑誌およびその周辺業界のブームアップを目指し設立された賞です。
ここに各賞受賞雑誌を発表させていただきます。

--------------------------------------------------------
【雑誌大賞】
グランプリ 『芸術新潮』 4月号 「大友克洋の衝撃」 (新潮社)
準グランプリ 『Domani 』 6月号 「バッグサイズ」 (小学館)

【TREND MAKE MAGAZINE賞】
「カーヴィーダンス/樫木裕実」『FYTTE』(学研パブリッシング)

【雑誌新人賞】
『Richesse』 (ハースト婦人画報社)

【POWERFUL MAGAZINE賞】
『週刊文春』 (文藝春秋)
--------------------------------------------------------

◆雑誌大賞 グランプリ◆
『芸術新潮』(4月号)/新潮社
「大友克洋の衝撃」

【受賞理由】
大友克洋氏のイラストによる表紙のインパクトは大きく、ファンならずとも多くの読者の目をひいた。
さらに、描きおろしSF短編やロング・インタビュー、全点撮りおろし!の特別誌上GENGA展と内容が非常に充実しており、編集長、書店員から絶賛された。 特に書店員からは、雑誌・コミック・芸術と売り場も他面展開でき、多くの読者を取りこめたことが高く評価されている。
さまざまなテーマを『芸術新潮』らしく深く鋭く切り込む姿勢、中でもこの号は、コアなファンも納得の充実した濃い内容で、骨太の雑誌の力を感じ、編集長、書店員の票を共に多数獲得し、グランプリを受賞。

【選考委員コメント】
「萌えアニメ絵が全盛のいま、大友克洋の迫力と凄味を再認識させられた特集。大友の軌跡と最新の創作風景がともに堪能できる一冊。」
「初日から飛ぶように売れた。大友のインタビューやアトリエの紹介、そして大友の描く近未来的な不気味さがここに凝縮されている。」
「さすが!の一言。『芸術新潮』らしい切り口。表紙、写真、特集の情報量。保存したいと思う一冊。」
「『芸術新潮』をふだん読まない客層も取り込み、雑誌、コミック、芸術と売り場も他面展開できたため、よく売れた。」

【編集長コメント】
編集長コメントをとのことですが、大友克洋特集に関しては、どうしても一人のファンに戻ってしまいます。中学時代からリアルタイムで大友マンガを体験してきて、まさか自分の編集している雑誌に大友さんが新作を描いてくれる日が来るなんて。生きててよかったと思いました。
この特集はひとえに大友さんの画力と創造力あってのもの。そのパワーに引っぱられて楽しくつくった雑誌が、その道のプロの方々に褒めていただくことになるとは。やっぱり生きててよかった。
大友さん、そして書店員・編集長の皆様、本当にありがとうございます。
(『芸術新潮』編集長 米谷一志)

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング