SaaS型メールサービス『CYBERMAILΣ』管理機能を大幅強化 ~ユーザー毎の細かな制御・管理機能により、メールマネジメント環境を実現~

PR TIMES / 2012年1月17日 12時13分



サイバーソリューションズ株式会社(所在地:東京都中央区、代表取締役社長:秋田健太郎)は、ユーザーコントロール機能を大幅に強化し、メールマネジメント環境を実現可能なSaaS型メール「CYBERMAILΣ」(サイバーメールシグマ)を本日より提供を開始することを発表します。

サイバーソリューションズは、戦略的メールシステムの構築で豊富な経験を持ち、SaaS型メールシステム「CYBERMAILΣ」は、大企業をはじめ多くのユーザーに導入されています。今回の機能強化により、ユーザー毎に細かな制御や管理が可能となり、セキュリティポリシー合わせたメールマネジメント実現へ、業界では例を見ないカスタマイズ可能なSaaS型メールサービスとなります。

一般的にSaaS型メールシステムは、サービス提供者が用意した仕様を変更できないことが多く、導入するユーザー企業が、そのサービスに合わせてセキュリティポリシーや運用面の変更をして利用する必要がありました。

そのため、SaaS型メールシステムでは、メール環境の移行において課題がありましたが、「CYBERMAILΣ」では、自社のポリシーや運用スタイルを変える必要なく、従来と同様の利用環境を設定できるように、ユーザー毎にカスタマイズ可能な為、スムーズなシステムの移行ができます。

■主な機能の特長について
1.ユーザー管理テーブル(ユーザーレベル)を最大5つ追加可能。また自由に カスタマイズ可能。
2.セキュリティを意識した詳細なユーザーコントロール
 a.メールデータダウンロード禁止や社内外送信制御など、ユーザーの利用可能な機能を制御
 b.IPアクセス制御(オプション)がWebメールだけでなく、POP(S)・IMAP(S)も可能に変更。
また従来はドメイン単位での制御をユーザー単位で設定可能。
3.その他機能追加:複数ドメイン管理機能やエイリアス機能標準追加
 a.従来、ドメイン単位で別々の管理画面だったものを、複数ドメイン管理を標準搭載。
グループ企業の導入時にでも同一管理画面でコントロール可能になる。
 b.その他エイリアスや簡易Webメール機能など標準搭載

■「CYBERMAILΣ」ページ >>> http://www.cybersaas.jp/function/index.html

「CYBERMAILΣ」は、ユーザー数に応じた月額利用料500円(1AC)により、低価格で利用できる費用対効果の高いメールサービスです。20GBの大容量のメールボックス、アンチウィルスやアンチスパム(除去率97%)が標準機能で利用できる他、メールアーカイブなど豊富なオプションを用意したメールサービスです。
サイバーソリューションズでは、現在自社運用でメールシステムを利用している中小企業から大手企業、および他のSaaS型メールサービスを利用している企業、また官公庁や文教市場をターゲットにして、年間100社を目指します。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング